即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。

テーマ

即死のスキルを持った主人公が元日本人で横暴な異世界の支配者の賢者達と戦闘
即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。

小説情報

タイトル:
即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。
作者:藤孝剛志
小説を読もう!リンク
分類:
異世界転移小説

お勧め内容

『概要』

相手のレベルやスキルに関わらずに即死させると言う最強で使い勝手の
悪いスキルを持つ主人公を描いて行きます。
異世界は大賢者と大賢者が召喚して「戦詩」と言われる異世界のシステム
をインストールされて力を得た元日本人の賢者達が支配しています。
そして「アグレッサー」と言われる別次元からの存在と戦って、異世界の
住人を守り管理していました。
しかし賢者が減少するので、補充要員として主人公を含む修学旅行中
の生徒達がバスごと召喚されます。
主人公と一人の少女だけ「戦詩」のインストールに失敗して、何の力も
得られずクラスメイト達から見捨てられます。
賢者からはチートをもらえませんでしたが、主人公は元から即死スキル
と言うチートを持っていて、見捨てたクラスメイトや横暴な賢者達と
戦って行きます。
小説を読もう!感想リンク

『スト―リ流れ』

修学旅行中に居眠りしていた主人公は、クラスメイトの女子生徒に揺り
起こされます。
修学旅行中のバスごと異世界に召喚されて、「大賢者の孫」を名乗る少女
が担任や運転手を殺害して、クラスメイトに賢者の力を与えて賢者候補
として近くの街まで生き延びる最初のクエストを命じられた経緯を聞かさ
れます。
「戦詩」と言う賢者の力を得る異世界のシステムをインストールされると
好戦的や理性に欠けた横暴な性格になる様で、クラスメイト達は何の能力
も無い主人公と少女取を囮に残して街に向かいます。
携帯ゲームに熱中する恍けた主人公と弓術を学びふとっちょの守護霊に
守られた少女との帰還を目指す異世界冒険が始まります。
小説を読もう!小説情報リンク

『面白さポイント』

即死と言う手加減も出来ない最強で使い勝手の悪いスキルを持つ主人公
の異世界チートの様子が描かれます。
異世界は大賢者と元日本人の賢者達によって守り支配されていますが、
人命を無視したり理不尽で横暴な振る舞いの支配なのでした。
力に溺れた元クラスメイトの賢者候補や横暴な賢者達との戦闘を行い
ながら異世界からの帰還方法を求めて、致死スキルで戦っていきます。
最初から持っていた即死スキルの正体や異世界の大賢者と言う存在の
謎に興味を持って、アンデッドもドラゴンも不死の賢者さえ即死させる
使い勝手の悪い微妙な即死スキルでの活躍を、何処まで面白く描いて
行けるのかにも興味が湧きます。


※「」内は本文からの引用です。
画像;death by leo19981, on Flickr

コメントを残す