勅令護民総隊奮闘記~航空母艦“竜飛”出航す~

テーマ

高校生男女の第二次大戦前へのタイムスリップですが予備役少尉の主人公が活躍
イメージ画像

小説情報

タイトル:
勅令護民総隊奮闘記~航空母艦“竜飛”出航す~
作者:三郎
小説を読もう!リンク
分類:
世界大戦物小説

お勧め内容

『概要』

困ったなー大好物の内容なのですが、読んでくれるかなーと言った所です。
面白くなるのが数話読んでからで、面白さもじわじわと来る地味な感じです。
内容は現代の高校生の男女が第二次大戦前にタイムスリップして、彼らの
持っていた歴史等の教科書を見た帝国海軍の高官や予備役少尉の主人公
が、天皇の支持を得て商船を守る海上護衛隊の様な「勅令護民総隊」を
組織して行きます。
最初は主人公とは知らない予備役少尉の悪友の天文学者兄妹との関係
や戦闘機に乗っての空戦が描かれて意味が分かりません。
この人誰なんだろうと思ってリる中で、テロを企む国粋主義の軍人士官との
海軍兵学校の先輩後輩の絆が描かれます。
そこから「勅令護民総隊」を面倒を貰っている海軍高官を司令官として、何も
無い状態から組織して行く状況が語られます。
皇室の財産を元に、未来知識で未発見の新規鉱山を開いて商売をして
得た利益で戦備を整えると言うものでした。
しかしタイムスリップした高校生の男女が特徴も無くて何の活躍もしないし
設立した「勅令護民総隊」も漁船に毛が生えた程度で、水上機を数機運営
するだけで未来知識も秘匿されてしまいます。
小説を読もう!感想リンク

『スト―リ流れ』

両親を亡くした主人公は海軍高官の士官から可愛がられていましたが、
高官に絡む派閥人事によって若手の少尉なのに予備役に追いやられて
しまいます。
そんな主人公は中国でのアメリアか義勇軍との空戦で、エースパイロット
に遭遇して引き分け一緒に墜落した経験を持っていました。
気楽な予備役生活を送る主人公でしたが、空戦に思い入れを抱く心の
を負っていました。
悪友の天文学者の兄と病弱な妹に偶然に再会した主人公は、彼らの
別宅で奇妙な現象に遭遇して未来からタイムスリップした高校生の男女
と出逢います。
歴史の教科書を見た予備役少尉の主人公は、米国との戦争の悲惨な
結果を知って海軍高官の知り合いに相談します。
そこで行き成り天皇より呼び出しがかかって、第二次大戦に至る経緯
と陸海軍の果たした役割を理解した天皇によって、臣民を救って欲しい
と頼まれます。
そこで出て来たアイデアが、皇室の財産を元手に商売を行って困窮する
東北
を救いながら必要な軍備の購入資金を得て行くと言うものでした。
海軍の高官を司令官に「勅令護民総隊」を組織しようとしますが、人材
も金も艦船も無い状態からスタートして行きます。
戦闘機パイロットの主人公も水上戦闘機に乗って、漁船を改造程度の
艦艇2艘の艦隊で水上機の搭乗員となります。
小説を読もう!小説情報リンク

『面白さポイント』

戦前に一世を風靡した新興財閥の鈴木商店に言及したりや各国のエース
パイロットを集めて開催される賭け空戦の模様と主人公の戦場帰りの
トラウマと渋い題材が興味を引きます。
生存率を高めた艦艇の建造や全木製の航空機の開発の様子とテンプレに
良くあるイケイケ展開ではなくて、じっくりと掘り下げて語られる戦闘や商売に
組織内の対立と派手さはないながら好奇心を刺激される展開が続きます。


※「」内は本文からの引用です。
画像;9797 / SurfaceWarriors

コメントを残す