宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する 異世界小説がおもしろい

テーマ

宝くじに当たった男の異世界移住生活
宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する

小説情報

タイトル:
宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する
無料小説サイト:
小説を読もう!リンク
分類:
異世界冒険小説

お勧め内容

『概要』

数年前の戦争により若者が兵士に取られて、働き手が少ない
村に日照りが続いて飢饉が発生してしいます。村人達は次々
に病に倒れていました。
村に訪れた旅の商人から薬と食料を無償で提供してもらって、
村人たちは助かる事ができます。更に旅の商人は日照りの続い
ている村へ川から水路を引いたり雨乞いをして雨を降らせたり
していきます。
そんな異世界に旅の商人として現れた大金を持つ主人公が、
資金力にものを言わせて現代の商品を購入して異世界で
活躍する様子が描かれていきます。
小説を読もう!感想リンク
スポンサーリンク

『スト―リ流れ』

宝くじを購入した会社員の主人公は、見事に当選して40億円
を手に入れます。会社も辞めましたが、当選がばれて借金の
申込が殺到します。
主人公は借金の申込の多さに嫌気がさして、引越す事にして
両親に相談すると使っていない先祖からの土地が有ると
いわれます。見に行くと屋敷の中に怪しい入口がありました。
予想通りに異世界へ続いています。初めは異世界と気付か
ない主人公でしたが、出会った村人の外国人の外見等から
異世界と気付きます。
村の村長宅へと案内されますが、村長は危篤状態でした。
そこで病気を治すと安請け合いして持っていた鎮痛剤と胃薬を
飲ませると回復してしまいます。
村には多くの病人がいましたが、元の世界に戻って同じ薬品を
飲ませると回復してしまいます。さらに食料や乳幼児のミルクも
提供します。
雨が無いと聞いて揚水ポンプを設置して川から水を引いたり、
雨乞いをして雨を降らせたりします。
小説を読もう!小説情報リンク

『面白さポイント』

宝くじに当たった主人公が、そのお金を使って村を助けて
いきます。危機に瀕していた村を資金に余裕があるので、
高いポンプを買ったり大量の農具や肥料を購入して
開発していく様子が面白いです。
主人公は村人から何かと思い込まれているようで、唯の
商人が人助けをしているのではないと思われています。
薬の効果や雨乞いなどの本来できない事ができて
しまうのですから何かが有るのです。興味を惹かれます。


※「」内は本文からの引用です。
冒頭の絵や写真はイメージ画像です。作品とは関係ありません。
画像:A VISIT TO HOWTH IN COUNTY DUBLIN Ref-8311 / infomatique

コメントを残す