邪神認定されたので、獣人王国の守護神に転職しました

テーマ

女神さまが主人公で信仰する獣人部族を守護して国家建設
イメージ画像

小説情報

タイトル:
邪神認定されたので、獣人王国の守護神に転職しました
作者:森田季節
小説を読もう!リンク
分類:
女主人公物小説

お勧め内容

『概要』

神様となって自身を信仰する部族を天変地異等を起こして繁栄に導くゲーム
が有りましたが、その小説版の様な女神として獣人部族を繁栄に導き国家
建設
を後押しして行きます。
女神の力は信仰に依存していて、その神の力は無限ですが直接的に人間を
害する事は紳士協定で止められています。
主人公の女神とその巫女のほのぼの関係も語られながら巫女が「巫女王」
となって他の女神達も参加して来ます。
小説を読もう!感想リンク
スポンサーリンク


『スト―リ流れ』

人間の国を繁栄に導いた女神は、人々の信仰が薄れて力を失ってしまい
国も滅ぼされます。
女神は邪神認定され信仰を失って、神像が二束三文で売られて捨てられ
別の大陸に流れ付きます。
大陸には人間の帝国と帝国に故国を滅ぼされて、荒野に暮らす獣人達
が居て貧しい猫獣人の少女がその神像を拾います。
神像に宿り滅びの時を待っていた女神でしたが、少女の熱い信仰を受けて
力を取り戻します。
力を取り戻した女神は少女の為に、砂地で穀物も育たない貧しい村に奇跡
を起こして
他の猫獣人の信仰も得ます。
荒野には猫獣人以外にも人間の帝国に故国を滅ぼされた犬獣人も存在して、
争いも有りますが協力して獣人の国を興して行きます。
女神は他にも存在してお調子者気味な犬獣人の女神や敵として現れた
獣人の女神
が獣人の国に集い始めます。
小説を読もう!小説情報リンク

『面白さポイント』

国造りが描かれて面白いと感じます。更に生真面目で可愛い少女が巫女
から王となって女神と少女のやり取りも楽しめます。
更に短絡的と言うかお調子者の女神にクールで非道も厭わない女神と
美少女な女神達の様子も面白くなります。
女神の起こす奇跡の楽しさが描かれて、獣人達の故国を滅ぼした帝国との
今後の関係が気になります。


※「」内は本文からの引用です。
画像;Classic Goddess / Prairiekittin

コメントを残す