オレの恩返し ~この村を救う~

テーマ

異世界の限界集落を助けて内政開拓
イメージ画像

小説情報

タイトル:
オレの恩返し ~この村を救う~
作者:ハーーナ殿下
小説を読もう!リンク
分類:
異世界転移小説

お勧め内容

『概要』

異世界転移物の一つの現代知識を使った内政が描かれます。内政と
言っても働き手の居なくなった老人と子供だけの村を助けて開拓して
行く展開です。
主人公は自称冒険者の両親に連れられて世界を渡り歩いて、武術と
までは行きませんが護身術にサバイバル知識を身に着けていました。
そして現地に自生している稲からお米を栽培して、自作のクロスボウ
を広めて狩猟をしていきます。
ドワーフの様な祖父と孫が村に居て、狩猟の道具の弓等の生産にも
目途が付きますが、盗賊や村人を連れ去った領主の脅威が迫ります。
小説を読もう!感想リンク
スポンサーリンク


『スト―リ流れ』

趣味の山歩きをしていた主人公は異世界に転移してしまいます。そこで
獣に襲われる少女を助けます。
彼女は働き手が領主に連れ去られた村の村長の孫娘で、危険を冒して
狩猟に出ていたのでした。
働き手を連れ去られた上に食料や家畜まで略奪されて、老人と子供だけ
の村は食糧難で滅びようとしていました。
その村に連れて来られた主人公は、辛い境遇でも明るい子供達の様子を
見て村を救おうと動き始めます。
しかも近くに自生している稲が有って、収穫するだけでお米が採れるの
です。しかも主人公が自作したクロスボウを使って子供でも狩猟が可能と
なって行きます。
豊かに成る村ですが、その富を狙う盗賊が現れます。盗賊との戦いに
挑んだ主人公は盗賊に捕らわれていた草原の民の子供達を保護して、
村に新たな住人として受け入れていきます。
小説を読もう!小説情報リンク

『面白さポイント』

お米が自生していたりクロスボウを所有していてとご都合主義の面も有り
ますが、現代知識を使った農業に狩猟と内政開拓の面白さが有ります。
そして村の働き手を連れ去った領主の思惑と今後の波乱も予感させて、
楽しみになります。


※「」内は本文からの引用です。
画像;IMGP7060 / 丹波写眞 Tamba photo

コメントを残す