国連宇宙軍戦闘記

テーマ

本格的太陽系開発宇宙史とファーストコンタクトから異星人侵略宇宙戦
イメージ画像

小説情報

タイトル:
国連宇宙軍戦闘記
作者:大福
小説を読もう!リンク
分類:
宇宙SF物小説

お勧め内容

『概要』

国連による太陽系開発が進んだ未来で、異星人とのファーストコンタクト
最悪の形で行われます。
青いヒト」と言える人型の異星人の要求は、植民の為に太陽系からの立ち
退きを強圧的に求めるものでした。
しかし異星人の科学は地球の物と異質なものではなくて、解析可能な範囲で
十分に交戦が可能なのでした。
そして退去を勧告する地球に対して降伏を要求して、異世人の艦隊の侵略が
始まります。
尚、残念ですが更新間隔が不定期でかなりゆっくりとしたものとなっています。
二度の宇宙戦から地球の内部に迫る危機と楽しめる内容まで描かれています。
小説を読もう!感想リンク

『スト―リ流れ』

東アジアの動乱を経て統一政府を目指した国連の解体から「国際連邦」が
結成されます。
各国で個別に進められていた宇宙開発が国連の下で一元化されて、月の
の資源化に成功して土星に木星にと開発の手が伸びて、輸送船の護衛に
国連宇宙軍」が結成されます。
開発の手が内惑星から外惑星に伸びるにつれて、内惑星防衛艦隊
外惑星防衛艦隊が編成されます。
そんな中で太陽系外から未確認構造物が飛来します。警戒を強める政府
と「国連宇宙軍」ですが、構造物からと思われる「クライスラル帝国外征
艦隊提督のビバルディン」を名乗る人類に似た「青いヒト」からの地球人類
の立ち退き勧告が行われます。
要求を拒否した地球に対して未知の構造物から異星人の艦隊が現れて
迎え撃つ「国連宇宙軍」艦隊との決戦が起こります。
小説を読もう!小説情報リンク

『面白さポイント』

国連による太陽系開発宇宙史が本格的に語られていて興味を引きます。
そして人型の異星人の艦隊との戦闘が行われます。
宇宙戦の様子も手に汗握ると言って良くて、戦いの経緯や戦術
楽しめるものとなっています。
更新が不定期になっているのが不安ですが、十分に読み応えの有る内容
が語られていきます。


※「」内は本文からの引用です。
画像;space / Sweetie187

コメントを残す