信長の妹が俺の嫁 ~戦国時代で楽しく領地と妻を開発する方法~

テーマ

猛将だった意外な歴史の真実を持つ浅井長政になって内政と戦い
イメージ画像

小説情報

タイトル:
信長の妹が俺の嫁 ~戦国時代で楽しく領地と妻を開発する方法~
作者:井の中の井守
小説を読もう!リンク
分類:
戦国転移転生物小説

お勧め内容

『概要』

織田信長の敵として有名な浅井・朝倉の一つ浅井長政に入れ替わった主人公
を描いて行きます。
浅井長政って実は猛将だったんですね。しかも父親の言いなりなイメージ
でしたが、父を隠居に追い込んで当主となっていた等の知らなかった歴史的
な事実が語られて行きます。
こちらは真実かは分かりませんが織田信長の妹で美貌のお市を嫁に迎えて、
性豪だった浅井長政に影響されての大人で「R」のうっふんあっはんな展開も
描かれますのでご留意下さい。
そんな主人公が京都との交通の要所の北近江を、現代の知識を使って内政
でも発展させて行きますが激しい戦いも描かれて行きます。
そして評価が分かれると思いますが、歴史物とは言えない展開もして行きます。
馬と言われる魔物が登場して、過去の戦国時代と思っていた世界が魔物や
魔物とのハーフの「座敷童」と言われる獣人の登場する異世界なのです。
小説を読もう!感想リンク

『スト―リ流れ』

成績の良くない高校生の主人公が戦国時代の浅井長政に入れ替わります。
成績の良くないのは頭のせいではなくて、歴史をそのまま勉強する代わりに
経済史や政治史に興味を持ってしまうのです。そして異世界転移したこ事を
空想して役に立つ知識を勉強するオタク趣味に走ってしまうからでした。
そんな主人公が大名家の当主となって、領民の暮らしを良くして差別の無い
豊かな社会を目指すのですが、激しい戦いの危機が何度も訪れるのでした。
しかし元の浅井長政の影響もあって、絶倫男となっていて領地の開発だけで
なくて嫁のお市の女の開発もしてしまう大人な展開も描かれます。
そんな中で過去の戦国時代と思っていた世界が、異世界だった事が分かり
魔物や獣人等も登場して来て意外な展開を見せ始めます。
小説を読もう!小説情報リンク

『面白さポイント』

内政に大人な展開を描きますが、実は猛将だった浅井長政の歴史的事実
も明かされて、戦国時代物ならではの戦いが描かれて興奮します。
更に馬として運用されている魔物が登場して、意外感を持ち始めて魔物
と人のハーフの「座敷童」と呼ばれる存在への差別への取り組みを描いて
新たな展開も見せます。
過去の戦国時代と思っていた世界が、異世界で現代とも通じるパラレル
ワールド
だった事が語られ始めます。
純粋な戦国時代物を期待されると思惑を外されますが、戦国時代の面白さ
も描きながら異世界物の楽しみも有る内容となっています。


※「」内は本文からの引用です。
画像;Samurai / Neeta Lind

コメントを残す