信長様の改革~第六次産業王に俺様はなる~(プロット版)

テーマ

戦国の織田信長が転生者で現代の知識を持って内政します
イメージ画像

小説情報

タイトル:
信長様の改革~第六次産業王に俺様はなる~(プロット版)
作者:RX‐141
無料小説サイト(『小説家になろう』):
小説を読もう!リンク
分類:
戦国転移転生小説

お勧め内容

『概要』

戦国時代の麒麟児の織田信長に、転生者として現代の記憶が戻っての
内政が描かれていきます。
それもかなり本格的な内政の取り組みが描かれていって、興味をそそられ
ますが作者もプロット版と題名を付ける様に物語性は低くなっています。
しかし料理や特産品の開発と良くある内政物の範囲を超えて、技術を開発
する工房の設立や身分制度の改変に銀行の設立等の幅広い内政改革
取り上げられていきます。
小説を読もう!感想リンク

『スト―リ流れ』

奥方の帰蝶と喧嘩して右ストレートをくらって気絶した織田信長に、現代
から転生した記憶が戻ります。
それも激動の人生の始まる前の時期でした。勿論、本能寺の変の明智光秀
の裏切りや豊臣秀吉や徳川家康の暗躍も理解しています。
しかし排除ではなくて扱き使う方向に進んでいきます。そこで現代の知識
生かした娯楽遊具の開発や販売等で取っ掛かりの財をなします。
富を得た主人公は改革を推し進めて、史実に沿いながらも独自の活躍をして
いきます。
軍制改革の一環で士官学校を設立したり獲得した領内の法整備等と色々な
内政改革案が行われていきます。
小説を読もう!小説情報リンク

『面白さポイント』

プロット版なので物語性が低いのが残念ですが、今までに無い本格的な
内政のアイデアが豊富に取り上げられます。
更に軍制改革の一環としてスポーツ振興が図られて、織田領でスポーツ
競技会を開こうとする等の楽しみな内容も有ります。
桶狭間の戦いから浅井との同盟に三河の徳川家の宗教がらみの内乱と
史実に沿いながらも独自の背景と進展が描かれていきます。


※「」内は本文からの引用です。
画像:Samurai devotion / Doxi

コメントを残す