反撃の狼煙! 逆襲の大日本帝国1945

テーマ

緒戦は破竹の進撃を続けた日本軍ですが米軍の反攻が始まり劣勢となった日本に或る兄弟が現れます
イメージ画像

小説情報

タイトル:
反撃の狼煙! 逆襲の大日本帝国1945
作者:クラウス・リッター
無料小説サイト(『小説家になろう』):
小説を読もう!リンク
分類:
世界大戦物小説

お勧め内容

『概要』

第二次大戦を戦う大日本帝国ですが、我々の史実とはちょっと違う経過を
たどり連合艦隊の艦艇の多くは残っていましたが、マリアナ諸島の陥落に
よって重大な局面を迎えていました。
マリアナ諸島の陥落によって、超大型爆撃機による本土空襲の危機が
迫っているのでした。
そんな日本に2人の兄妹が現れます。彼らは別の次元の日本から現れた
存在で、この世界の日本の敗戦によって将来引き起こされる第三次大戦
の影響が彼らの次元に被害が及んでいたのです。
そこで日本を勝利に導き災害を防ぐ目的で訪れたのでした。しかも未来の
海軍を中心とした艦隊や多くの輸送船に積まれた資源や工作機械を持って
きます。
しかし安易な未来兵器による楽勝な戦いや見せびらかしは描かれずに、
各戦線の状況と戦闘経過が良く描かれていて読み応えがあります。しかし
反撃が始まりビルマや中国戦線が描かれる所で、更新が止まっています
のでご留意下さい。
小説を読もう!感想リンク

『スト―リ流れ』

第二次大戦時にマリアナ諸島を失って、劣勢が明らかな大日本帝国に大艦隊
を伴った不思議な兄妹が現れます。
彼らは別次元の日本人で、この世界の未来で惹き起きされる第三次大戦の
被害が彼らの次元に及ぶのを阻止する為に訪れたのでした。
しかし同じ日本人なので、戦中の被害や戦後の日本の発展も見据えて援助
を行います。
ソ連による中立条約を破棄しての侵攻が迫り対米戦を彼らの艦隊や空軍を
中心に戦い、対ソ戦を帝国陸海軍が戦っていく事を計画します。
情報通りにソ連軍の侵攻が始まりますが、兄妹によってもたらされた未来の
エンジンや資源によって、互角以上の戦いが行われます。
更に奢って台湾や沖縄に押し寄せる米国の機動部隊も未来の日本軍に
よって撃退されていきます。
しかし大日本帝国はビルマ戦線や中国でも戦っていて、次の戦いが始まって
いきます。
小説を読もう!小説情報リンク

『面白さポイント』

未来兵器の戦いが前面に出ない所が魅力と言えます。未来兵器の凄さを
見せつけての戦いも面白くは有りますが、釈然としない物を感じます。
しかし本作品では未来の日本軍の戦いも描かれますが、各戦線での大日本
帝国陸海軍
の激闘の戦闘経過も語られていきます。
そこに提供された未来のレシプロエンジンによって改良された戦闘機や新規
開発の戦車による戦い等が描かれて面白さが損なわれません。
兄妹が未来の日本軍を率いて現れるのですが、彼らの存在も謎に包まれて
いて興味を引きます。
しかも物語を読んで大日本帝国が戦っている戦線の多さに驚きます。満州の
ソ連に中国と陸戦を戦っています。これにはビルマやニューギニア戦線まで
有るのです。
海軍も米国や英国と戦域の多さに驚きます。これらの戦いの経過を良く取り
上げていて、読みごたえのある内容となっています。


※「」内は本文からの引用です。
画像:Surrender of Japan, 2 September 1945 Navy carrier planes fly in formation over the U.S.
and British fleets in Tokyo Bay during surrender ceremonies. / San Diego Air & Space Museum Archives

コメントを残す