~大日本帝国天皇記~ 現代人(アニオタ)がちょっと天皇やってみた。

テーマ

明治維新よりちょと早く文明開化して技術革新が進んだ日本の天皇陛下に転生
イメージ画像

小説情報

タイトル:
~大日本帝国天皇記~ 現代人(アニオタ)がちょっと天皇やってみた。
作者:日鉄社長
無料小説サイト(『小説家になろう』):
小説を読もう!リンク
分類:
異世界転生小説

お勧め内容

『概要』

異世界では無くて史実とちょっと違って、ペリー提督の黒船が来る前に
江戸幕府が倒れて、議会も有りますが天皇親政が行われて技術文明も
進んだ日本の皇太子に、現代日本の高校生が転生して天皇に即位します。
未来知識から指導も行いますが、描かれるのは早くから文明開化して
技術の進んだ日本と周辺諸国との政治情勢となります。
しかもさりげなく他の技術者の転生者も現れて、年号は昭和を使用して
いますが、明治の年代に第二次大戦時の飛行機まで開発していきます。
小説を読もう!感想リンク

『スト―リ流れ』

江戸幕府将軍の圧政に討幕軍が起こり京都が首都となって、早くから産業
革命が日本に起こって技術革新が進みます。
高校生の主人公が天皇と言う権力者について、文明の方向性を示していって
帆船の黒船の時代に蒸気機関と鉄製の軍艦が建造されていきます。
しかも飛行機や石油機関の軍艦の開発も行われていきます。そこには特亜
の国々も存在して、産業革命が起こって技術革新が進み軍備も整えられて
いく日本と争う事になります。
しかも強大な国力を誇る帝政ロシアの脅威も見え隠れしています。そんな
中で中韓連合軍による対馬侵攻が行われます。
小説を読もう!小説情報リンク

『面白さポイント』

転生した高校生の主人公の活躍と言うよりもいち早く産業革命を起こして
技術革新が進んだ日本の植民地主義がはびこる欧米や中華思想の中韓
との政治情勢が描かれます。
しかし日本ですから資金が少ないし鉄鉱石も無いしで、技術は有りますが
一挙に強大化とはいきません。
そんな中で帆船の時代に蒸気機関の駆逐艦を作り石油の確保を行って
石油機関による重巡や飛行機の開発まで行っていく日本の発展に興味が
湧きます。


※「」内は本文からの引用です。
画像:A wedding procession at the Meiji-jing? / tiseb

コメントを残す