濁った瞳のリリアンヌ

テーマ

異世界の少女
濁った瞳のリリアンヌ
Kasteel Waardenburg / Waardenburg Castle / Bert Kaufmann

小説情報

タイトル:
濁った瞳のリリアンヌ
作者:天界
小説を読もう!リンク
分類:
異世界成長小説

お勧め内容

『概要』

濁った瞳を持って生れてきた少女は目が見えませんでした。しかし、両親や
兄と姉や乳母から深い愛情を持って育てれられて行きます。
親馬鹿とシスターコンプレックスの兄と姉の元に、愛情を注がれて育っていく
主人公が描かれます。片言の言葉を話したと抱きしめられキスの嵐にさら
されます。兄弟達は競って主人公に本を読んできかせます。
彼女は他の人には見えない妖精も見える様なのです。彼女は妖精との交流
をしながら成長していきます。

『スト―リ流れ』

気が付くと男だった主人公が赤ん坊に転生している様なのです。周りは
真っ暗で何も見る事ができません。しばらくして女の子の赤ん坊として生まれ
てきた
事が分かりました。
いつもいる女の人と小さな兄妹が良く訪れている様です。偶に訪れる母親の
様な存在もいました。後で両親と兄と姉と乳母役の叔母がいる事がわかり
ます。
主人公の目は濁った瞳といわれていて、目が見えない病気を引き起こす
ものでした。転生と言ったらチートなのにと嘆く主人公ですが、魔力を感じ
られて
徐々に人も魔力を持っているので認識できる様になります
しかし龍殺しの強者で若々しい祖母や筋骨隆々の祖父も現れますし、両親も
すごい人達である事が分かってきます。祖母はさらに主人公の何かに気づいて
いる様子さえあります。そして主人公の為に騎士団を作り上げようとしていきます。

『面白さポイント』

主人公の成長に一喜一憂する様子やシスターコンプレックスの様子に癒され
ます。必死に名前を呼ばせようとする父親や学校から争って主人公の元へ
向かう様にもほっとしてきます。
主人公は目の事は気に掛けずに、魔力の操作に熱中し始めます。さらに妖精と
友達になり彼女から文字を習ったりする事にさらに夢中となる様子が楽しいです。
妖精たちとの交流も深まります。初めは会話を試みていましたが後半では
携帯端末の様な魔法の道具を作り妖精たちと遊んだり競ったりする様が
面白いです。

※「」内は本文からの引用です。
冒頭の絵や写真はイメージ画像です。作品とは関係ありません。

No comments to this article

  1. 匿名

    on 2016年9月10日 at 7:26 AM -

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    逸話の意味分かってる?

コメントを残す