辺境の老騎士

テーマ

年老いて職を辞したはずの老騎士が辺境で冒険の大活躍
辺境の老騎士

小説情報

タイトル:
辺境の老騎士
作者:支援BIS
小説を読もう!リンク
分類:
異世界冒険小説

お勧め内容

『概要』

長年主家に仕えた老騎士は自身の死期が近い事と、このまま仕えていると
主家が陰謀に巻き込まれる危険性を悟り全ての財産を寄贈して旅に出ます。
旅には老いた馬と粗末な装備しか持って出てきていません。しかし最後の
旅のはずが旅先で数々の冒険を行い魔剣も手にする伝説の始まりとなります。
そんな主人公は領主等にする騎士の誓いを、人々の為にと誓った「人民の騎士」
という有名な騎士でした。
小説を読もう!感想リンク
スポンサーリンク

『スト―リ流れ』

老いた騎士の旅が始まります。宿に宿泊すると健気に働く宿屋の姪
姿があります。そこへ難癖を付けて来るごろつき5人を、老いているので
死をいとわない練達の技量で退けます。
元の主家からは引きとめる為の使者が派遣されますが、それを断りさらに
旅をつづけます。一緒に着た陰謀を企む領主の甥が練達の傭兵と共に
主人公に襲いかかりますがこれを撃退します。
しかし練達の傭兵は甥が殺された事で雇われた仕事が達成できなくなり
立ち去ります。傭兵は資金を必要としていて後で出会った時に自身を売り
に出しているのです。
老騎士は傭兵に資金を提供する事にします。一旦は貰った金を受け取り
立ち去る傭兵ですが、用事を片付けた後は旅の仲間となります。
この戦いで使いものにならなくなった剣の代わりを元めていると、ある村
鉈と剣の中間の様な鉈剣を手に入れます。
鉈剣は実は魔剣といわれるもので熊に襲われている村を助けた時に
光り絶大な威力を発揮しますが、その後は元の切れずらい剣となって
しまいます。
一つしかない薬を少女の為に使用したのに他の村人には薬を出さなかっ
たと恨まれて、放浪している老婆に倒れている所を救われます。老婆とは
直ぐに分かれますが感動する逸話です。
旅の途中で出あった勅使の一行の病を救った縁で一緒に旅を始めます。
途中で立ち寄った有力者の領主のお家騒動に巻き込まれますが、素手で
十数人を相手にする大活躍を見せます。
主家の令嬢の息子が王の子供という事が分かり陰謀に巻き込まれて
行きます。ここから新たな冒険が始まっていきます。
小説を読もう!小説情報リンク

『面白さポイント』

本編も面白いですが仇討の逸話を推奨します。ものすごい感動の逸話
となります。比較的早い段階で出て来る話なので、そこまでは読んで
見て下さい。私では感動を伝えきれないのが残念な程の内容です。
老いて旅する騎士の清々とした姿勢に共感を覚えます。「人民の騎士」と
言われる主人公の生き方に感動します。主家の令嬢との交流も心温まる
内容となっています。
主人公の仕えていた領地は魔獣に襲われる事が多くて防波堤の役割を
していたので、主人公の力量も並々ならぬものである事が分かってきます。


※「」内は本文からの引用です。
冒頭の絵や写真はイメージ画像です。作品とは関係ありません。
画像:A Knight and his Horse / SPT Photographe

コメントを残す