異世界転生皇子 ~流血の大陸と白き狼虎~

テーマ

異世界の大帝国の皇子に転生しますが動乱の時代に翻弄されます
イメージ画像

小説情報

タイトル:
異世界転生皇子 ~流血の大陸と白き狼虎~
作者:葵 柊真
無料小説サイト(『小説家になろう』):
小説を読もう!リンク
分類:
異世界転生小説

お勧め内容

『概要』

異世界への転生物なのですが、一大叙事詩と言える内容が描かれて感動を
覚えます。
転生の記憶が有る主人公が、1000年の長きに渡って続く帝国の第四皇子
転生します。
厳しい中に愛情を感じる母や他の妃達や兄弟達と穏やかな日常が続くと思わ
れましたが、時代がそれを許しませんでした。
一つの大陸をほぼ制覇して周囲の海洋をも支配する帝国ですが、教団や共和
主義者に先導された民衆によって、あっさりと帝室が倒れます。
まだ年若い主人公は時代に翻弄されますが、母を倒して反乱を導いた教団の
天の巫女」を倒す決意をしていきます。
完結済みの長編となります。お勧め頂いた作品なので読んで見た所、前に読んだ
事が有る作品で改めて読み直しました。
蛇足ですが記憶が曖昧な上に確認できないのですが、前に読んだ時とストーリが
変化している気がしました。一大叙事詩と言えるストーリーで、個々の登場人物達
も描かれた作品に仕上がっていました。
小説を読もう!感想リンク

『スト―リ流れ』

一つの大陸を支配して他の大陸への遠征軍を送り込んだ帝国ですが、遠征で
敗北し
て疲弊していました。
大帝国の第四皇子に転生して喜んでいた主人公ですが、周りの様子が分かって
困惑していきます。
そして民衆の困窮は扇動者によって、反乱と言う結末を迎えていきます。帝都を
離れて離宮に帝室が有る隙を突かれてしまいます。
それは教団の「天の巫女」の力による奇襲の影響が大きかったのです。帝国には
「キーリア」と言う超越的力を持つ者達が居て帝室を支えていました。
更に主人公の母は人よりも身体的能力に優れた種族の出身で、外見的な獣人の
特徴を持っていて近衛をまとめていました。
しかし巫女による奇襲と多数の群衆によって、母や妃達「キーリア」が倒されて
主人公も捕まってしまいます。
脱出した主人公は「天の巫女」を倒す事を目標にしていきます。そして帝国の行く末
は、同じく辛酸を舐めた第一皇女に委ねられて行きます。
小説を読もう!小説情報リンク

『面白さポイント』

転生を織り込んだ物語ですが、激動の時代と翻弄される主人公達が描かれていき
ます。特に主人公の他に第一皇女の境遇と活躍に心を揺さぶられます。
また、主人公の属する帝国の歴史変遷や帝国を守護する「キーリア」と言われる
存在や身体能力に優れた母の一族と読み応えの有る背景も語られます。
「天の巫女」や皇帝や妃達や「キーリア」の個々にも深みを感じさせる背景が描かれ
て多層的に物語が紡がれていきます。


※「」内は本文からの引用です。
冒頭の絵や写真はイメージ画像です。作品とは関係ありません。
画像:VCU Riot / Fire At Will [Photography]

コメントを残す