火刑戦旗を掲げよ!

テーマ

王国を救いながら陰謀によって命を無くした英雄が甦ったかのような少年が現れて時代が動きます
イメージ画像

小説情報

タイトル:
火刑戦旗を掲げよ!
作者:かすがまる
無料小説サイト:
小説を読もう!リンク
分類:
戦争小説

お勧め内容

『概要』

侵略にさらされて滅びる直前の王国を義勇軍を率いて救い英雄となった
主人公ですが、教会に選ばれた勇者が亡くなった罪を着せられて魔人と
して火刑に処せられます。
そして辺境の村に一人の子供が生を受けます。子供は年齢に合わない
知恵を発揮して村を豊かにしていきます。
彼の聡明さに惹かれる者もいますが、火刑に処された英雄の生まれ変わり
として忠誠を誓う者達も現れてきます。
そして王国にはかつてと同じ帝国の侵略の手が伸びるのです。そこに
主人公は組織した軍団を率いて戦争に関与していきます。
徐々に明らかになっていきますが、義勇軍を率いて王国を救いながら
火刑に処された英雄の生まれ変わりと思われる子供の主人公が登場
します。
国を救いながら処刑されて、生まれ変わったと思われる彼は何を感じて
いるのかと思いをはせます。
更に主人公のカリスマ性に感動を覚えさせられます。子供ながら示され
聡明さに引きつけられる者もいますが、元の義勇軍の部下の様に主人公
に英雄の面影を見て、心酔していく者達も現れていきます。
新たに主人として忠誠を誓う者達も現れていきます。これらの心理描写
感動させれるのです。
そして舞台は侵略してきた帝国との戦争となっていきます。そこに第三王女
を擁立して組織された親衛団を率いた主人公の活躍が描かれていきます。
義勇軍の英雄だった主人公の処刑に関与した第一王女と主人公の擁立する
第三王女の内乱ともなっていきます。
小説を読もう!感想リンク
スポンサーリンク

『スト―リ流れ』

旅の商人は辺境の村で、新聞を買い求める不思議な少年に出会います。彼は
村長の息子でしたが、子供たちに教師として教育や戦闘訓練を施していました。
更に村を豊かにする施策にも関わっている事が分かってきます。左遷で徴税の
仕事をさせられていた領軍の将校も彼の聡明さに惹かれていきます。
過去の侵略で勇者を救えなかったとして不遇を強いられていた貴族も参加して、
領地を荒らす盗賊からの護衛団を組織しますが最初の取りかかりに過ぎません
でした。
母方の貴族家が敵の帝国の侵攻に戦わずに降伏した事から不遇となっていた
第三王女を擁立して王女の親衛団を組織していきます。
そこへ敵国の帝国の再侵略が行われたり第一王女との争いによる内乱に関与
していきます。
小説を読もう!小説情報リンク

『面白さポイント』

最初は義勇軍を率いて王国を救いながら処刑されて生まれ変わった主人公の
心情
が知りたくてしかたが有りませんでした。
そこに主人公の知謀やカリスマ性に魅せられる者達の様子が描かれて、感動して
いきます。
そこから帝国との戦争や内乱での主人公の手腕が発揮される様子にわくわく
させられます。


※「」内は本文からの引用です。
冒頭の絵や写真はイメージ画像です。作品とは関係ありません。
画像:Knights in Combat / Jeff Kubina

コメントを残す