金色のシェフ 異世界での食の魔術師 異世界料理小説がおもしろい

テーマ

異世界の料理人
金色のシェフ
グランド シェフ @和田山 / Norio.NAKAYAMA

小説情報

タイトル:
金色のシェフ 異世界での食の魔術師
作者:ruler
小説を読もう!リンク
分類:
異世界転移小説

お勧め内容

『概要』

料理の水準が低い異世界に料理に情熱を持つシェフ
転移して、美味しい料理を作る事で人々の思いを満たして
いきます。
主人公の作る料理は、異世界の人々に料理の感動を与えて
いきます。
料理の美味しさの表現が印象的で、異世界の人々の料理
への思い入れが描かれていきます。

『スト―リ流れ』

食のコンテストに優勝したシェフの主人公が、祝賀会場で
倒れて死亡してしまいます。しかし主人公が気づくと見知らぬ
森の中にいるのです。
幸いにして直ぐに助け出されますが、助けてくれた家庭の料理
が壊滅的に不味いのです。
我慢しながら食べ終えたのですがシェフとして気が済すみません。
そこで主人公は自分の料理を調理して提供します。
それを切っ掛けに料理の店を始めた主人公は、異世界の人々
の思い入れを料理で叶えていきます。主人公の料理は美味しさ
で、その思い入れに衝撃を与えていきます。
最初は助けられた家族に料理を振る舞って喜ばれますが、肉へ
の強い思い
を持つ騎士から料理対決を挑まれるのです。
騎士を肉料理で満足させる事ができるかの対決です。ここで
衝撃の料理を提供する事になります。

『面白さポイント』

主人公の作る料理への評価の表現が面白いです。某料理対決
の様な数々の表現と行動が料理に対してなされます。まさに
全てを忘れて別世界をさまよう様な料理の印象が描かれます。
その表現が面白いのです。主人公が異世界の人々の人生に
料理を通して数々の影響を与えて行きます。

※「」内は本文からの引用です。
冒頭の絵や写真はイメージ画像です。作品とは関係ありません。

コメントを残す