扉の向こうは異世界だった。

テーマ

工学部の学生が異世界で冒険ハーレム
イメージ画像
Campus scape autumn 2008 / Hiroshima University Campus Scape

小説情報

タイトル:
扉の向こうは異世界だった。
作者:マルチなロビー
作者様退会に寄ってリンク切れとなっています。2017/02/23

分類:
冒険ハーレム小説

お勧め内容

『概要』

工学部の学生の主人公は「イメージアイテム召喚」と言う想像した無生物を
召喚できるスキルを与えられて異世界に飛ばされます。
異世界は剣と魔法の世界で、ステータスウインドウを開ける主人公はポイント
を割り当ててスキルも習得できます。
そんな力を持った主人公は弾丸を無限に打てる銃やビームサーベルまで
召喚して冒険をしていきます。
一人で冒険をするのに不安を覚えた主人公は奴隷の少女を買って、冒険の
仲間にしていきます。
更に王と喧嘩した家出中の王女と知り合って、彼女も加えて冒険をしていき
ます。しかし主人公に感謝を覚える女性達は肉食系で、逆に襲われてハー
レムになっていきます。
冒険者として魔物の討伐や洞窟の迷宮を探査したりハーレム展開をしていき
ますが、王妃に毒を持ったり街の人々を洗脳している魔族の影が見せてきます。
結構主人公は傍若無人と取られる行動と独特の考えを展開していきますので、
1話当りの短めの文章と合わせて好みが分かれるかも知れません。

『スト―リ流れ』

アニメサークルの扉を開けると光る女神に遭遇して、背中を押されて主人公は
異世界に飛ばされます。
目の前にはステータスを示すウインドウが開いていて、「イメージアイテム召喚」の
スキルを持っていました。これは自身の想像した無生物を作成できると言う物なの
でした。
またスキルポイントを持っていて「ファイアーボール」の魔法や「異世界語」を習得
出来るのでした。
そしてイメージアイテム作成で銃を作った所にゴブリンが襲ってきて倒すのです。
街に向かいますが次々にゴブリンが襲ってきて、倒して心臓から宝石の様な物を
得て行きます。
街に着くと「異世界語」のスキルで文字が読めたり会話ができます。そこで宝石の
様な物が換金できる事や冒険者ギルドについて門番から聞き出します。
ギルドに登録してソロで冒険者として生活を始める主人公ですが、一人での戦いに
不安を覚えて仲間を得ようとします。
そこで目が悪くて安い値段で売られていた奴隷少女を手に入れて、治癒魔術を習得
して彼女の目を治療して仲間に加えるのです。
2人で冒険を始めて生活が安定した所で、武器屋に言い様に騙されましたという
装備の美少女から声を掛けられます。
彼女は主人公に冒険の仕方について尋ねてきて、更に仲間に加えて欲しいと言い
出すのです。しかもステータスの職業が「お城のお姫様」となっているのです。
彼女は政略結婚が厭で王と喧嘩して飛び出して来た王女なのでした。主人公達は
王と王女の争いに巻き込まれてドラゴン退治をする事になります。
そんな経緯から冒険者パーティーとなった3人は、魔物の討伐や迷宮の探査と冒険を
始めますが、王妃の毒殺等を企む魔族と対立して行きます。

『面白さポイント』

弾丸が無限に出る銃やビームライフルにビームサーベルに爆弾と強力な武器を作成
できる主人公達の無双状態の冒険が楽しめます。
しかし主人公は根本は女性達の事を考えてですが、傍若無人な行いをしたり考えを
披露する時も有ります。面白く読み進められるかは主人公に共感できるかどうかに
寄るかもしれません。
各国での魔族の陰謀や別の王女が登場したりして、ストーリーも面白くなってくる
ので、個人的には楽しみな作品です。

※「」内は本文からの引用です。
冒頭の絵や写真はイメージ画像です。作品とは関係ありません。

コメントを残す