長政?はつらいよっ!弱小浅井はハードすぎ!!

テーマ

弱小浅井氏へ転生
イメージ画像
procession / spinster cardigan

小説情報

タイトル:
長政?はつらいよっ!弱小浅井はハードすぎ!!
作者:ひさまさ
小説を読もう!リンク
分類:
戦国転移転生小説

お勧め内容

『概要』

数話目から面白く成る内容と軽すぎる語り口に惑わされますが、軽いと
思っていた語り口が意外な歴史的背景や武将達の人物像を語り出して、
織田信長の妹で浅井氏に嫁いだお市も転生者である事が描かれる辺り
から面白くなっていきます。
主人公は浅井長政に相当する人物に転生して幼少時に記憶が戻ります。
そこで意外な浅井家の状況が語られていきます。主人公は六角氏に
生まれた時から人質に出されていたのです。
歴史では信長に付こうとした長政に、裏切らせる決断をさせた父親の久政
が暗愚で家臣になめられています。
しかも浅井長政として次期当主に成れるのかも分からない人質生活から
始まるのです。実際に長政ではなく賢政として元服をして長政との関連も
気に成ります。
更に桶狭間の戦いで今川義元が生き残るという先の見えない戦国時代を
生き抜く事になります。

『スト―リ流れ』

暗愚として描かれている浅井久政は、六角氏に妻を人質として臣従する事に
なります。六角氏の交渉役もまさか妻の人質の条件を飲むとは考えていま
せんでした。
そんな人質として送られた妻が直ぐに久政の子の主人公を生むのです。
そこで妻を返して赤ん坊の主人公が人質として残るのでした。幼くして前世
の記憶が戻った主人公ですが、弟達も誕生していて見捨てられる可能性さえ
出てきました。
六角氏の四男に嫌われた主人公は襲われそうになりますが、男装した女武士
に助けられます。彼女は領地を継ぐために男として育てられた女性ですが事情
が有って家出していたのでした。彼女の元で主人公は生き残るために修行して
行きます。
更に現代知識を生かして密かに内政での成果を上げていきます。六角氏の
当主にも認められていって人質から返される事になるのです。
人質から帰ると浅井家当主の座を譲られて内政にと活躍していきます。そこへ
桶狭間での義元生存を聞いて、歴史知識が使えない先の見えなくなった戦国
時代にいる事に気づきます。

『面白さポイント』

軽い語り口なのですが意外な歴史背景や戦国武将達の人となりが描かれて
興味が湧きます。
更に浅井長政に成れるかさえ分からない人質生活や命の危険と言う状況に惹き
つけられます。
人質生活から解放されて現代知識による内政も語られたりして浅井家当主として
家臣や領民の平和を目指していきますが、歴史の先を知る事が出来なくなった
状況が更に面白くなっていきます。

※「」内は本文からの引用です。
冒頭の絵や写真はイメージ画像です。作品とは関係ありません。

コメントを残す