羽柴安房侍従 「秀吉の遺言」外伝

テーマ

里見家の戦い
イメージ画像
matsumoto castle – 松本城 / kanjiroushi

小説情報

タイトル:
羽柴安房侍従 「秀吉の遺言」外伝
作者:鳥越 暁
小説を読もう!リンク
分類:
戦国時代小説

お勧め内容

『概要』

 「秀吉の遺言」の外伝となっていて、秀吉が後を託した武将の一人として
関東で唯一の豊臣勢力としての戦いを描いていきます。
江戸を中心として関東を抑える徳川家ですが、秀吉の遺言による情勢
変化で大阪の秀頼や信濃の真田に備える必要が有りました。
その情勢を利用して里見家の当主の義康は、所領を広げて大大名と
なって行きます。
33話が4月に更新されていますが、不定期更新となっていますので
ご留意ください。里見義康が千葉一円を抑えて大大名になるまでが
描かれています。

『スト―リ流れ』

館山城を本拠にする里見義康の元に、豊臣秀吉が突然訪れて子供の
秀頼と日本国の行く末を託されます。
秀吉の信頼に感動した義康は、徳川の根城である関東で豊臣の旗を揚げ
ていきます。
家康より命じられた宇都宮攻略を逆手にとって、徳川の城を奪取していき
ます。
また、里見は水軍も要していて徳川の物流を支える常陸の港を水軍を
使って砲撃します。
千葉一円を抑えて大大名となった里見義康でしたが、徳川の大規模な
反撃や謀略による内乱が起こっていきます。

『面白さポイント』

大型船や大砲の開発を禁じた徳川に対して鉄甲船や大砲を装備して
戦う里見家の様子に時代を切り開く武将という印象を受けていきます。
秀頼より預けられた水軍の武将や徳川家の重臣の息子ながら家を
出て里見に仕えている武将等についても取り上げられていて楽しく
読めます。。
更に徳川に戦いを挑んで領地を広げていく様子に爽快感を感じて
見てしまいます。

※「」内は本文からの引用です。
冒頭の絵や写真はイメージ画像です。作品とは関係ありません。

No comments to this article

  1. 八田若忠

    on 2015年5月11日 at 10:15 PM -

    SECRET: 0
    PASS: 22cb7410abcff5c537c51001b43ea675
    たまたまヒットしました、あまりに褒められてるいるので赤面しました。
    まとめがすごいお上手ですね、本作のあらすじの代筆をお願いしたいくらいです、見た通り泣けるくらいあらすじ説明が下手なので方々から怒られてます

  2. ブログ筆者

    on 2015年5月12日 at 2:05 AM -

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    コメント有難うございます。
    主人公が気に入って楽しく
    読ませて頂いています。
    次話も楽しみにしています。
    宜しくお願いします。

コメントを残す