仔豚姫の初恋

テーマ

心優しい太め姫
イメージ画像
Creepy Little Girls… / twm1340

小説情報

タイトル:
仔豚姫の初恋
作者:高木一
作者様によってノベル大賞応募の為削除されています。2016/09/11
分類:
後宮恋愛譚小説

お勧め内容

『概要』

いやいやそんな事に困らなくてもと思う可愛い姫の物語です。「味の分かる
仔豚
」なのに味覚も普通だったら唯の仔豚になってしまうと困ってしまう
女の子の初恋が描かれます。
主人公は小さな公国の姫で、家族の中で一人だけ太る体質でした。そこで
諦めて美味しい物を遠慮なく食べる事にしていました。
そんな主人公が大国のお妃候補として強大な帝国に赴く事になります。
そこには他のお妃候補もいて女の戦いも有るのです。

『スト―リ流れ』

主人公は冷酷と噂の皇帝のお妃候補として隣国に来ていました。後宮では
お妃候補達によるお茶会と言う名の女の戦いが繰り広げられています。
しかし太めで小国の姫の主人公はお妃に選ばれるとは思ってもいません。
自国の産物を売り込む助けにでもなればと故国を後にしていたのです。
そんな主人公は太めで故国ではヤギの世話までしていて、華やかさには
縁の無い姫でした。
気取らない姫で侍女とも仲良く過ごしています。そこでお茶会で控えめな
没落貴族の令嬢の事が気に成ってきます。
令嬢がお茶会で責められて、気落ちした事を心配した主人公は彼女の部屋を
訪れるのですが、そこから意外な展開が始まります。

『面白さポイント』

好きになりそうな主人公の人となりに惹かれます。侍女とも身分に関係なく
仲良くしていて、故国ではヤギの世話までしているのです。
太めで小国の姫の主人公は、お妃とは関係ないと考えて過ごしている様子に
好感を持っていきます。
冷酷と言われる皇帝には秘密が有って、主人公の何気ない指摘から帝国の
内情にも関わったり皇帝との関係も深まったりと穏やかな気持ちで、とんとん
拍子で進むストーリーが楽しめます。

※「」内は本文からの引用です。
冒頭の絵や写真はイメージ画像です。作品とは関係ありません。

コメントを残す