腕白関白

テーマ

秀吉に切腹させられる甥の豊臣秀次に転生して回避に奮闘
イメージ画像

小説情報

タイトル:
腕白関白・改定版
作者:そる
無料小説サイト:
小説を読もう!リンク
分類:
戦国転移転生小説

お勧め内容

『概要』

豊臣秀吉の甥の秀次に主人公は転生します。秀次は太閤秀吉の後継者
となりますが、秀吉に実子の秀頼が誕生した事から最後には切腹を命じ
られるのです。
そんな秀次に転生した主人公は、切腹を回避しようとして行動していきます。
現代知識が有るので将来を見通せたり優秀な政策を実施して評価されて
いきます。
しかしマイペースな性格の主人公は切腹回避の行動も具体的では無くて、
これで回避できたらいいな程度の動きとなってしまいます。
そんな人の良い主人公が現代知識を持っている事から過大に評価されたて
歴史を少しづつ変えていきます。
54話の完結澄みとなっています。文書量も有るので十分に楽しめます。
小説を読もう!感想リンク
スポンサーリンク
腕白関白

『スト―リ流れ』

中小企業のサラリーマンが友人と飲んで帰って、気が付くと戦国時代の農民
となっていました。
農民となって一生を送るのも良いかと考えていましたが、母親が木下藤吉郎
が弟
だと言い出します。
秀吉の後継者に一旦は成りあすが、切腹を命じられた秀次に転生していた
のでした。
そこで破滅の原因となる秀頼の母茶々と秀吉の出会いを阻止しようとしたり
しますが失敗します。
しかし現代知識の有る主人公は戦いの行方を知っているので、的確な戦闘
指揮を行ったり先見性の有る内政の政策を行って頭角を現していきます。
マイペースな性格で何度か養子にも出されますが、人柄から養父達にも好か
れて
いて、出世してから支援をしてもらえるのでした。そんな性格なので部下
の信頼も得ていきます。
そこで本人は意識していない活躍によって史実とは異なる歴史が始まって
いきます。
小説を読もう!小説情報リンク

『面白さポイント』

転生して立身出世を目指すわけでもなくて切腹を回避にと動きますが、どこか
のほほんとしている主人公の様子が面白くなります。
更に現代知識を持っていて、先の展開が分かる事からの行動が周りから評価
されていく様子が楽しくなります。
そんな主人公は史実とは異なり活躍していくので、異なる歴史を歩み始める展開
に興味が湧きます。


※「」内は本文からの引用です。
冒頭の絵や写真はイメージ画像です。作品とは関係ありません。
画像:Osaka Castle 大阪城 / Norio.NAKAYAMA

コメントを残す