大日本帝国みたいなチート国家に転移しちゃいましたが、皇帝陛下に雇われちゃいました

テーマ

地球と似通った異世界の日本に転移して戦争

小説情報

タイトル:
大日本帝国みたいなチート国家に転移しちゃいましたが、皇帝陛下に雇われちゃいました
作者:万年二等兵
小説を読もう!リンク

分類:
戦争物小説

お勧め内容

『概要』

地理的条件が同じで微妙に似通った国々が存在する異世界の日本の様な
扶桑帝国に転移した工業系専門学生の主人公が、日本の歩んだ歴史を
知らせてアメリカに相当する国との戦争に挑みます。

第一次大戦と第二次大戦の中間の様な時代背景で、主人公が現代兵器を
伝えて無双かと思いましたが外されて、現地のマッドサイエンティストによる
奇想天外兵器が登場します。

海軍では戦艦の巨大化と空母の小型大量配備に陸軍では補給線の確保
の方針と書かれて期待を外されますが、米本土上陸まで描かれて行きます。

小説を読もう!感想リンク

『スト―リ流れ』

扶桑帝国の皇帝の私室に転移した主人公でしたが、帝国は女帝が率いて
東南アジアやオーストラリアまで領土としていました。

それは過去に主人公の様な転生者や転移者が何人も現れて、その知識
から扶桑帝国は工業力に劣るものの資源大国と成っているのでした。

しかも女帝の婿候補にされて宰相兼近衛武官とされて、人種差別と陰謀
を意図する
アメリカ相当の国と戦争となります。

小説を読もう!小説情報リンク

『面白さポイント』
期待先行と言う感じで、ある程度の話数が投稿されていますが米本土
上陸戦
が描かれようとしている所です。

現代兵器と言うよりは奇想天外な兵器が登場して、テンポ良く進む対米
線が楽しめます。

※「」内は本文からの引用です。
画像:The Marching Band / kevin dooley

Comments are closed