転生した聖女は異世界で何を見る

テーマ

オルレアンの乙女ジャンヌ・ダルクの異世界転生譚

小説情報

タイトル:
転生した聖女は異世界で何を見る
作者:天野霧生
小説を読もう!リンク

分類:
チート物小説

お勧め内容

『概要』

転生した少女が冒険者と成り王立学院に入学して、剣術の才能と魔力適正
が有って活躍する普通の展開が描かれます。

しかし少女がオルレアンの乙女と言われたジャンヌ・ダルクで、祖国フランス
の為にイギリスとの100年戦争で活躍しながら宗教裁判で火炙りに掛けられ
た非業の少女となると普通の転生ストーリーがレクイエムの様に感じて胸の
閊えが取れる感じです。

酷いですよね。神の啓示を受けて戦ったのに何の救いも与えられずに祖国
にも裏切られてと不満に思っていたので、平凡な転生に救われる思いを抱き
ます。

小説を読もう!感想リンク

『スト―リ流れ』

冤罪の宗教裁判で火炙りにされたオルレアンの乙女ジャンヌ・ダルクは、
女神と邂逅して異世界に送られます。

異世界で薬師のエルフ女性に保護されたジャンヌ・ダルクは、彼女の家
に住み着いて冒険者として暮らし始めます。

そこで100年戦争を戦った軍人なので、実践経験が有って我流ながら
剣術に優れ魔法の適正まで有るチートな冒険者となります。

更に女神より生前に使用した剣に似せた剣を与えられていましたが、
魔法も補助する卓越した性能だった事が分かってきます。

そこでギルド職員の娘やエルフの女性と冒険者のチームを組んで、
冒険者のレベルを上げて行きます。

しかしジャンヌ・ダルクに与えられた魔法の虚無属性は未知の部分
が多くて、王立学院へ入学して魔法を学ぶ事にします。

小説を読もう!小説情報リンク

『面白さポイント』

後世に聖人と成ったオルレアンの乙女ですが、100年戦争を戦った軍人
なので実戦経験も有り剣術にも優れて、異世界で冒険者となっても活躍
します。

しかも女神より魔法適性を与えられてチート気味の活躍をします。普通の
異世界転生物ですが、ジャンヌ・ダルクの悲劇を知っていると普通の異世界
物の展開にほっとさせられます。

更に良く知らなかったジャンヌ・ダルクの前世のその後が語られて興味を
引きます。火炙りにされた宗教裁判の冤罪を残された家族が訴えて無罪を
得ていたり聖人に列せられた事が語られます。

※「」内は本文からの引用です。
画像:シャルル7世の戴冠式でのジャンヌダルク/ドミニク・アングル / ColdSleeper


コメントを残す