江戸時代の遊郭の楼主に生まれ変わったので遊女の待遇改善に努めようと思う

テーマ

江戸吉原の遊郭の若旦那への転生

小説情報

タイトル:
江戸時代の遊郭の楼主に生まれ変わったので遊女の待遇改善に努めようと思う
作者:水源
小説を読もう!リンク

分類:
江戸時代物小説

お勧め内容

『概要』

江戸時代の吉原遊郭の若旦那に転生して、遊女達の待遇改善に取り組む
様子が描かれて色っぽいと言うよりも興味深いストーリーが進みます。

主人公は大人のお店の店員の経験が有って、現代と比較して恵まれない
江戸時代の遊女たちの境遇を改善します。

三十路女で現役を退いて、やり手婆のやり手と言われて寿命や女性的な
魅力が衰えてしまう江戸時代の遊女達を、現代の様に30代で脂が乗る
様にしてコストパフォーマンスを上げようとします。

老化や病気の元の食事内容を改善して、毒だった白粉の代用品の使用や
脱衣劇場の小屋を建て集客を図ります。

小説を読もう!感想リンク

『スト―リ流れ』

気が付くと古い旅館の様な建物に居た主人公は日本髪の母親を目に
して、大見世と呼ばれる江戸時代の高級遊郭の若旦那となっている事
を理解します。

しかも父親の跡を継いで遊郭を経営する事になるのです。元大人の
お店の店員だった主人公は違和感無く馴染んでいきますが、遊女達の
不遇な待遇
の改革を目指します。

先ずは粗末な食事の改善から行って、自身で美味しい食事を確保できる
人気花魁の太夫以外の若手の新造や見習の禿達の食事改善に取り組み
ます。

次に斬新な脱衣劇場を造って、若手の遊女をプロヂュースして指名が
入りやすくしたり病気予防にゴムの使用を奨励します。

そんな待遇改善を描きながら江戸時代の遊郭や遊女達の豆知識
披露されて興味を引いてきます。

小説を読もう!小説情報リンク

『面白さポイント』

斬新なテーマが興味深くて楽しめます。江戸時代の遊女達を取り巻く待遇
や白粉の有害性等が語られて行きます。

そこに現代の脱衣劇場や蒸し風呂やトイレ改革が描かれて、現代知識
チート
の様な展開も有ります。

更に石鹸やシャンプーを開発したりマッサージを取り入れて、遊女たちの
美容追及の様子
をコメディータッチで描いて楽しませもします。

※「」内は本文からの引用です。
画像:Japan/Ukiyo-é/Painting/La courtisane Utahimé de la maison Matsubaya/
1780/Isodai Koryusai / dany13

コメントを残す