ノブナガ奇伝

テーマ

軽い調子ながら本格的な織田信長伝

小説情報

タイトル:
ノブナガ奇伝
作者:天野眞亜
小説を読もう!リンク

分類:
戦国転移転生物小説

お勧め内容

『概要』

人気の織田信長物で、尾張の虎と言われた親父に拳骨制裁で吹っ飛ばされて
人間て飛べるんだアイキャンフライとかの調子で語られるので、格調高いとは
言いませんが内容は本格的と言える織田信長伝が語られます。

どちらかと言えばヘタレで平凡な一生を終えた主人公が、戦国の英雄の織田
信長に転生して嫁や子供を大切にして領民も敵対勢力にも甘い対応を貫き
ます。

それでいて内政に戦争にと力を発揮する主人公が、本能寺の変を生き残り
楽隠居を目指して戦国の世を駆け抜けます。

小説を読もう!感想リンク

『スト―リ流れ』

落馬して前世の意識が戻った主人公は、織田信長に転生していた事に
驚愕
します。

歴史知識も曖昧で、桶狭間で勝ったらしいけどどうやって勝ったの何を
すれば良いのか
詳しくは知らないよ状態です。

しかも尾張の虎と言われた親父は滅多に会う事も無くて、口より先に
手が出るおっかない戦国武将で、母親は弟に愛情を注いで暗殺者
まで送り込んできます。

しかし側近と言うか悪ガキ仲間以外は、傳役の平手政秀を除いて
お付きの家老達も弟の信行派となっています。

平手の爺さんによって美濃の蝮の美女が嫁となりますが、結婚式に
遅れて嫁の機嫌を損ね親父にぶっ飛ばされます

そんな中で飢饉に瀕する村の対処を嫡男の座を掛けて命じられて、
村の現状に絶望を感じます。

そんな中で美幼女のお市や異母弟達が兄の信長を慕い癒される日常
の中で、父信秀の死での叩き付けるかの様な焼香や平手の爺の諌死
や織田一族の内紛が独自の視点から描かれます。

転生者の現代知識の活用も描かれて、農業などで国力を高める織田家
の躍進や銃器の配備も語られます。

小説を読もう!小説情報リンク

『面白さポイント』

親父に殴られ顔がア○パンマンとか嫁に無視されるヘタレの様子とか
弟妹や子供にデレデレの様子とか笑いを誘う語りが魅力です。

それでいて本格的な信長伝と言える織田国内の骨肉の争いから天下
布武と独自の視点を持って描かれて行きます。

主人公は曖昧な歴史知識しか有りませんが、歴史補正と言える辻褄合
わせに晒されながら家族を始めに人々の平穏を願う方針を取ります。

最初に本能寺の変の未来が語られて、動かぬ未来と共に歴史の大筋
が動かない形での変革の可能性を見せます。

冷酷で短気と言われた織田信長の歴史的行動とヘタレな主人公が取る
行動の整合性を合わせて、有名な織田包囲網や反信長の行動を取った
室町幕府最後の将軍の行動を魅力的な独自解釈で語ります。

※「」内は本文からの引用です。
画像:土田御前、信秀と信長像 / smashmedia

コメントを残す