気づいたら異世界の貴族になっていた

テーマ

軽いなんちゃって異世界貴族転生の領地経営の内政物

小説情報

タイトル:
気づいたら異世界の貴族になっていた
作者:浅井翼
小説を読もう!リンク

分類:
領地経営物小説

お勧め内容

『概要』

調子の良い神様に異世界転生させられて、何となく領地経営の内政
描かれます。

気軽な感じで楽しめるのですが、現代知識ってなにそれ美味しいのな
感じで行き当たりばったり転生ライフが楽しめます。

適当に医術したり内政と言うか汚物処理に参加して肉体労働して、
何故か期待されて新たな領地も得て内政します。

小説を読もう!感想リンク

『スト―リ流れ』

好きに生きて良いよと神様に言われて異世界転生した主人公は、子爵家
の当主
となります。

父の元領主は悪政と敷いて謀殺された様で、同じく私利私欲で重税を取ろ
うとしていた跡継ぎに憑依する形の転生となります。

バカな税を取りやめた主人公は不信感満載の周囲の目にさらされながら
臭いからと言う理由で排せつ物が放りだされたスラムで公共工事とも
言える土木工事を始めます。

肥満対策に土木作業員として勤しむ主人公がちょっと人望を集める中で、
病気の侯爵令嬢と出逢ってなんちゃって医療で彼女を救って侯爵の後ろ盾
を得ます。

その上に治療の噂を聞いた王に王女の治療を命令されますが、成人病の
王女を適当に治して
褒美として新たな領地を与えられます。

しかし新たな領地は温泉は有ってももうからない場所で、温泉旅館を建てて
領地経営を図ります。

小説を読もう!小説情報リンク

『面白さポイント』

お気楽な異世界転生の領地経営が描かれて楽しめます。内政も何となーく
行動して評価されて治療で成果まで出します。

猫耳娘や正体は暗殺者の老執事と意味ありげなキャラも登場して、思わせ
振りな閑話が挟まれます。

手軽に読んで楽しめる異世界転生ライフが魅力で、伏線を張り巡らしても
いるので回収するストーリー展開を期待します。

※「」内は本文からの引用です。
画像:Kasteel Marnix de Sainte-Aldegonde / Luc.T

コメントを残す