魔法貴族の領地(料理)開発

テーマ

異世界転生者のお一人様領地開拓
魔法貴族の領地(料理)開発

小説情報

タイトル:
魔法貴族の領地(料理)開発
作者:猫の人
小説を読もう!リンク

分類:
領地経営物小説

お勧め内容

『概要』

異世界転生して魔法のチートで無双もした後に、男爵に叙せられた主人公
の辺境領地の開拓を描きます。

奴隷を伴っての真っ新から開拓が描かれますが、お一人様展開で都市開発
シミュレーションの実写版の様です。

チートも無双も終わっているので、魔法で村や貯水池や道路や山脈まで
作りながら美食を追及します。

異世界はメシマズの世界で、卵も牛乳等も衛生面から普及せずに塩以外の
調味料も無くて南米原産のトマトや芋も存在しません。

そんな中で村を開拓しながら異世界の常識とは違う領地経営を行って、美食
の為の食材の栽培や畜産や新規食物の探求をします。

小説を読もう!感想リンク

『スト―リ流れ』

魔法チートの主人公は男爵に任じられて、辺境の領地を開拓する事になり
ます。

水源も無い僻地で水の確保から奴隷を率いて村を開発して行きます。そこに
女性だけの商会に食糧等の必要品の行商を頼んだりしますが、お一人様の
ワンマン経営が始まります。

ノーフォーク農法の新機軸を取り入れたりやリバーシに始まる娯楽を導入して、
異世界では独自の領地開拓が始まります。

目的が美食なので衛生的から避けられた卵や牛乳の導入を決めたり魔法で
貯水池を作り上げながら所属する王国の戦争にも利用されます。

それらをお一人様で運営する様子が描かれるのですが、力を持つ主人公を
利用しようとする貴族達との争いや紫外線に寄る突然変異の品種改良や王女
を始めとした嫁達との様子も描かれます。

小説を読もう!小説情報リンク

『面白さポイント』

お一人様感が全開な展開で描かれますが、利用しながらも主人公の味方でも
ある老公爵等の貴族との権謀術数や王女等のロリ嫁の扱いや侍女達に鈍感さ
を責められたリ料理をせがまれる様子が語られます。

更にリバーシに始まって釣りから祭りと娯楽を提供したり魔法や現代知識に
よる製鉄やガラス制作の展開も面白くなります。

※「」内は本文からの引用です。
画像:Country by Rickydavid, on Flickr

コメントを残す