余命六ヶ月延長してもらったから、ここからは私の時間です

テーマ

感動の余命の過ごし方
イメージ画像
Witches / ?Cаvin ?

小説情報

タイトル:
余命六ヶ月延長してもらったから、ここからは私の時間です
作者:肌
無料小説サイト(『小説家になろう』):
小説を読もう!リンク
分類:
異能力者小説

お勧め内容

『概要』

感動しました。現代で魔法が使われていて、魔法の才能が
有る者は専門の学校に入らなければいけないのでした。
しかし主人公は学校で孤立して苛めまで受けていきます。
更に階段から突き落とされて命を無くすのでした。
そこで天使より余命6カ月を得ます。辛い立場を続ける事
になりますが、それでも主人公は余命6カ月を精いっぱい
生きていきます。

『スト―リ流れ』

普通は中学1年頃に発現するのに、主人公は中学の卒業
間際に魔法の才能が発現します。
この為に急遽として魔法の学校に入る事になって、疲労から
寝込んでしまい友達も作れなくなって、苛めの対象になる
のです。
教師からも嫌われて、きつい対応や不良とチームを組まさ
れたりします。しかも魔法が発現したばかりなので、上手く
魔法を使う事もできません。
更に階段から突き落とされて死亡してしまうのです。彼女
には以前助けた猫と寮監の知り合いが学校にいました。
この猫が天使で主人公に余命6カ月を与えられる事を伝える
です。しかし辛い思いをしているので、余命を生きる事を心配
されます。
主人公は6カ月の余命ですが、精いっぱい生きる事を選択する
のでした。
そこで新たな出会いや不良との関係の変化や彼女を突き落と
した犯人の謎解きも行われて、急展開を見せてきます。

『面白さポイント』

魔法が登場しますが陳腐な魔法合戦にはなりません。上手く
ストーリーの小道具として使われます。
主人公が突き落とされる事になった背景が語られて、ストーリー
が盛り上がって
いきます。単なる学生の無思慮な行動ではない
背景が描かれます。
そして余命6カ月を懸命に生きようとする主人公の姿に、いとしい
気持ちと共感を覚えて感動させられます。
初めは苛めに耐える姿に苛立ちを覚えましたが、余命を得てから
の行動
に、すがすがしいものを感じていきます。

※「」内は本文からの引用です。
冒頭の絵や写真はイメージ画像です。作品とは関係ありません。

コメントを残す