くま クマ 熊 ベアー

テーマ

熊の着ぐるみの女の子の異世界での冒険と飲食店経営
くま クマ 熊 ベアー

小説情報

タイトル:
くま クマ 熊 ベアー
作者:くまなの
小説を読もう!リンク

分類:
異世界転移小説

お勧め内容

『概要』

何度か目にしていたのですが熊の着ぐるみの女の子なので、読むのに躊躇
いを覚えていました。

しかし読んで見ると異世界の街を熊の着ぐるみで闊歩する抜けた感じが堪ら
なくなって、根拠地のクマハウスや召喚獣の熊やゴーレムのクマと熊尽くし
の拘りに引き込まれます。

そしてストーリーがチートで日本の料理を広めて飲食店を経営する主人公
描いて楽しめる内容で、熊の着ぐるみで最初に得た安易なイメージを覆して
来ます。

小説を読もう!感想リンク

スポンサーリンク

『スト―リ流れ』

株で儲けてゲーム三昧の日々を送る15歳の女の子が、莫大な資産を持って
異世界に転移します。

しかしチートなスキルや魔法が全てアイテムの熊の着ぐるみや手袋のパペット
や靴に付加されて、着ぐるみを脱いでしまうと普通の女の子の力しか無い
主人公は常に着ぐるみを身に着けるしか無くなります。

そんな女の子がクマと驚かれたりや噂されながら異世界を闊歩して行きます。
身分証明に冒険者となりますが、膨大な資産を持って異世界に転移している
ので気ままに過ごして行きます。

転移して最初に助けた少女の家族や孤児院の子供達と料理関係の商売
始めて助けたりやお菓子と熊の絵本で貴族や王族とも知り合い気安い関係
となります。

小説を読もう!小説情報リンク

『面白さポイント』

ストーリーを読むと最初は躊躇してしまう主人公の女の子の着ぐるみ姿
堪らなくなります。

更に職業がクマで根拠地がクマハウスで召喚獣が熊で、作成するゴーレム
も熊型で魔法も熊の形で発動すると威力が上がってと熊尽くしの拘り
笑わされます。

その上で冒険者ギルドで絡まれてや魔物との戦闘でのチートに、癒される
召喚獣の熊の可愛さや最初に助けた少女や孤児院の子供達や幼い王女等
が熊の絵本やヌイグルミや召喚獣にハマる様子も楽しくなります。

※「」内は本文からの引用です。
画像;Teddy Bear by Moyan_Brenn, on Flickr

コメントを残す