銃火のオシナー

テーマ

転生者が内乱と戦乱の異世界で近代の軍隊を組織しての戦いと意外な結末
銃火のオシナー

小説情報

タイトル:
銃火のオシナー
作者:べりや
小説を読もう!リンク

分類:
異世界転生小説

お勧め内容

『概要』

転生者が内乱と戦乱の異世界で活躍する英雄譚が描かれます。戦闘場面
が多くて簡明と言える書かれ方なのですが、意外とも言える結末が用意され
て全ストーリーを読み終わると個々のキャラに強い愛着を抱かせます。

転生者でヘタレな印象の主人公や冷酷で非情な先王の娘の王女や悪辣な
権謀術数の宰相や元奴隷のエルフ女性士官の個々が文章では深く書かれて
いないのに強烈な読了感を残します。

個々の場面と言うのではなくて全体を通してのストーリーが秀逸と感じます。
平凡な主人公の意外な活躍を描く英雄譚にアフターストーリーを思い描い
てしまう登場人物の濃いキャラが印象的です。

小説を読もう!感想リンク

『スト―リ流れ』

戦乱で両親を亡くして孤児となった主人公はドワーフに育てられますが、
工商」と言われる鍛冶の親方は借金にまみれます。

そこで転生者の主人公は簡単な銃を作成して借金返済に売りさばこうと
します。

主人公は征服された亜人達が住む辺境領で暮らしていましたが、その
東方辺境領は「冷血姫」と言われる現王の兄で先王の娘の王女が治めて
いました。

王女は現王を簒奪者として憎み亜人達と騎士団に多大な犠牲を強いた
辺境領征服の戦いから亜人達にも憎しみを抱いていました。

そして現王への反乱の切り札として主人公の銃を利用しようとして、従属
を強制して来ます。

そんな王女の元で辺境領の亜人達の解放と地位向上を目指して、主人公
は内乱と戦乱に揺れる王国に近代軍隊制度と銃や大砲を持ち込み亜人達
を率いて活躍して行きます。

小説を読もう!小説情報リンク

『面白さポイント』

書かれた文章はヘタレな主人公の戦争での活躍を描いて、個々のキャラの
秘めた背景が明かされるスタイルです。

そしてストーリーを読み通して仲間との絆や強い復讐心と言う書かれて
いない登場人物の強い思いを読後に感じさせます。

変な表現ですが文章では深く書いていないのに、登場人物の個性がストー
リーを読み終わると際立ってきます。

※「」内は本文からの引用です。
画像;napoleon by satragon, on Flickr

コメントを残す