【無料小説 おすすめ】 The Islands War Underwater Warfare 日本異世界転移小説がおもしろい

テーマ

日本が異世界に転移して全体主義国家との戦いに勝利したその後が描かれます
イメージ画像

小説情報

タイトル:
The Islands War  Underwater Warfare
作者:スタジオゆにっとはうす なろう支店
無料小説サイト(『小説家になろう』):
小説を読もう!リンク
分類:
日本異世界転移小説

お勧め内容

『概要』

「The Islands War」シリーズの作品で、前作までは友好国の辺境の原住民を虐待
して、洗脳を始めた共和国を名乗る全体主義国家と戦争を戦った日本は、有利に
戦いを進めて勝利しました。
しかし全面戦争を行う力の無い日本は、中途半端と見える講和条約を結んでいて
不安な情勢が続きます。
軍事技術の格差から惨敗した共和国ですが、軍部の影響力確保や戦いを主導
した「第一執政官」を始めとする権力者の敗戦の責任転嫁が行われていました。
そして日本への更なる敵愾心も見せてきます。しかも核兵器まで所有して大陸間
弾道弾の開発も始まっていきます。
軍事強国でも有る事を示した日本と周辺諸国の政治情勢や共和国の戦後処理が
語られます。現在不定期更新中ですので、ご留意ください。
小説を読もう!感想リンク

『スト―リ流れ』

日本との戦いに敗北した共和国ですが、奇矯な一神教の信仰や他民族の蔑視を
改める事は無くて、戦略爆撃機の日本への示威飛行や核兵器のロケットによる
攻撃手段の開発を進めていきます。
日本の情報収集も始めて、漁船を装った情報収集船を送り込んできます。日本の
軍備も分析されて、海上保安庁の巡視船を海軍と誤認していた情報の軽視を改めて
きます。
また、日本の捕虜となった将兵からもたらされた情報で日本の軍や経済の実態が明ら
かとなってきます。
しかし平和を願う事は無くて、日本の捕虜となった将兵や議員に敗戦の責任を取らせ
ようと卑劣な行動が起こります。
更に戦勝を前提に発展していた経済活動にも齟齬をきたし始めます。しかし共和国は
紛争地に密かに武器を持ち込んだりと対決姿勢を強めてきます。
そんな中で中途半端な講和条約を結んだ日本も警察等が非合法ま武装勢力として、
取り締まりに動き出します。
騒乱は拡大して行って、共和国の植民者達の暴発も起こり日本は再び戦争へと向かっ
ていきます。
小説を読もう!小説情報リンク

『面白さポイント』

日本が異世界に転移して進んだ軍事技術から大活躍を期待するとちょと違うかも
知れません。本シリーズでは周辺諸国との政治情勢や敗戦後の共和国の様子
紛争地の模様が取り上げられます。
自衛隊の活躍は今後となっていて、共和国から見た日本の文化や軍備が語られたり
共和国でも心ある人達の様子も取り上げられたりと興味を引きます。


※「」内は本文からの引用です。
冒頭の絵や写真はイメージ画像です。作品とは関係ありません。
画像:Japan Ground Self-Defense Force. / MIKI Yoshihito (´・ω・)

コメントを残す