英雄の忘れ形見 ~世界は僕が思う以上に優しかった~

テーマ

森で父親と2人暮らしの少年が冒険者デビューするとチートで英雄の息子だった
英雄の忘れ形見 ~世界は僕が思う以上に優しかった~

小説情報

タイトル:
英雄の忘れ形見 ~世界は僕が思う以上に優しかった~
作者:〇風雲爺〇
小説を読もう!リンク

分類:
異世界成長物小説

お勧め内容

『概要』

文章が面白いと言うのでしょうか。日本人の転移者で勇者を父親に持つ
子供の冒険者デビューを描いて行きます。

勘違い系でも在って森の奥深く父親と2人暮らしの環境から父の死に
よって冒険者を目指して強くなろうと旅立ちます。

しかし少年の主人公ですが剣に魔法に魔道具作成と全てがチートで、
世間一般の常識に戸惑う様子が楽しめます。

ここが面白いと言うよりも世間ずれしていない少年の主人公の冒険者
デビューを描く文章の雰囲気が面白く読み進めてしまいます。

小説を読もう!感想リンク

『スト―リ流れ』

異世界転移した主人公の父親は元の世界の事や親父ギャグを飛ばしなら
勇者で有る事を告げずに子供の主人公と森の奥で2人暮らしをします。

或る日の事に父親が旅に出て2年余りも帰らず森の住み家を偶に訪れる
行商人にから父親の死を告げられます。

兼ねてからの父親との約束も有って冒険者となって強くなる事を目指す
のですが、行商人からは主人公の作っていた魔道具が高額で売れて預か
っていたと言う大金を与えられます。

途中で襲われているエルフの少女を助けながら街の冒険者ギルドを訪れ
てレベルを図ると上位のステータスを持っていて驚かれます。

他の年若い冒険者グループに絡まれたりしますが、仲直りしてエルフの
少女と共に彼らのパワーレベリングを行います。

そんな時に隣街の悪徳領主が主人公の暮らす街の美人領主を狙って
魔物騒動を起こしてきます。

小説を読もう!小説情報リンク

『面白さポイント』

チートな勘違い系少年の冒険者デビューの様子を面白く描きますが、
世間知らずの少年の様子と雰囲気が楽しく感じます。

日常の様子が楽しめるのですが、エルフな事を隠す少女パワー
レベリング
した少年冒険者達や隣街の悪徳領主に利用された魔族
の少女
と今後の展開に期待を持たせてきます。

※「」内は本文からの引用です。
画像;Boy in Profile by Dan Zen, on Flickr

コメントを残す