新大東亜共栄圏

テーマ

月読命の神託を石原莞爾と山本五十六が受けて第二次大戦の戦史改変
新大東亜共栄圏

小説情報

タイトル:
新大東亜共栄圏
作者:クレパス
小説を読もう!リンク

分類:
世界大戦物小説

お勧め内容

『概要』

こういう紹介の仕方はどうかとは思いますが、第二次大戦時に満州事変を
起こした石原莞爾が神託を受けて改変された戦史を描くとなっていて、
神憑りはちょっとと読むのをためらっていました。

そこで最初を飛ばして面白そうな対ソ戦から拾い読みしようとしたのですが、
シベリアの占領まで発展する総力戦から大日本帝国の本土が消滅して現代
の日本が現れての現代兵器による対米戦とストーリーに引き込まれました。

更に史実の軍政によるアジア支配から民族自決を進める大東亜戦争と目が
離せなくなります。

尚、更新がちょっと止まっていますので、ご留意ください。

小説を読もう!感想リンク

『スト―リ流れ』

帝国陸軍の石原莞爾と山本五十六がススキの原に呼び出されて月読命
使いの葛の葉より神託を受けます。

神託により自身の起こす満州事変の理想の結末を知った石原莞爾は真の
満州人による満州国の建国と五族協和を目指します。

更に神託によって本土の消滅と未来の日本の転移を知った二人は、ノモンハン
のソビエト連邦との争いに軍の総動員を行います。

神託によって安価に製造化可能な武器も得た日本軍は、破竹の勢いで進撃
してシベリアまで占領します。

また、ロシアの皇女の生存の情報が伝わって帝政ロシアが復活されて、共産
ソビエト連邦の崩壊まで起こります。

シベリアを日本領とした2人は帝都の大陸遷都を行って、本土の消滅に備える
のでした。

そんな中で過去にタイムスリップした現代日本は、危機を迎える食料やエネルギー
や対米戦に苦慮して行きます。

史実とは違い大陸への遷都やシベリヤを領土とする大日本帝国に戸惑いますが、
同一民族として統合を目指し外征の帝国軍と防衛の自衛隊構想を目指します。

日本国にて帝国海軍の艦艇の改装を図って、現代兵器を装備して真珠湾攻撃で
小康状態の対米戦の準備が進みます。

一方で日本国からもたらされた亜細亜の軍政の失敗を知って、真のアジア解放が
図られて各国の独立と国軍の創設を行います。

小説を読もう!小説情報リンク

『面白さポイント』

神託を受けての第二次大戦の戦史改変に戸惑いますが、ソビエト連邦と総動員
をして戦いシベリヤを領有して、現代日本が転移しての軍備刷新しての対米戦と
予想外な面白さにびっくりします。

更に現代のミサイル化やレーダー化された帝国海軍による対米戦への期待や
同じく現代の戦車や野砲やロケットを装備する帝国陸軍のアジア解放戦と政治
状況と楽しめます。

※「」内は本文からの引用です。
画像;Minas Gerais, Brazilian Navy by Rob Schleiffert, on Flickr

コメントを残す