【無料小説 おすすめ】 The Islands War 破局の章 日本異世界転移小説がおもしろい

テーマ

異世界に日本全体が転移してから現れた全体主義国家との戦い
イメージ画像

小説情報

タイトル:
The Islands War  破局の章
作者:スタジオゆにっとはうす なろう支店
無料小説サイト:
小説を読もう!リンク
分類:
日本異世界転移小説

お勧め内容

『概要』

異世界転移の混乱を周辺の小国を征服する事で克服して来た共和国が有ります。
彼らは一神教を信じて、「高等文明」を担う優秀種族が神の約束した土地を支配
するのが当然として、原住民を虐待して彼らの絶滅政策を行っていきます。
そんな共和国の元老院の議員を、祖父の代理で務める優美な女性がいました。
彼女は前の大戦で活躍した元軍人で、共和国国防軍や神殿関係者にも同期の
友人を持っていました。
そんな彼女の士官学校での卒業演説は絶大な賛美を持って迎えられます。しかし
彼女には懸念材料が有りました。
神が与えた植民地の原住民に経済的影響力を及ぼし始めた蛮族の一つの「ニホン族
でした。
彼らは神に与えられた約束の地に入り込み経済的な影響力ならずに、低俗な漫画や
アニメ等の文化侵略を行っているのです。
そこで彼女は「ニホン族」の力が大きくなる前に、戦闘で屈服させようと図ります。交渉
と偽って首相をおびき出し捕え様とします。しかし彼女の思惑に反して最高権力者の
第一執政官」は処刑の命令を下していました。
それでも今まで常に勝利してきた共和国の戦力を疑う事は無くて、従属の最後通牒
突き付けて行きます。
小説を読もう!感想リンク
スポンサーリンク

『スト―リ流れ』

異世界に転移して10年で日本は未曽有の危機を回避して、周辺国と友好と通商
関係を築き上げてきました。
同じく転移して来た各国や異世界の国々と国交を結んで、優れた工業製品
輸出が行われました。国際協力開発援助に寄る農業支援や医療援助と転移前
と同様の国際協調も行っていました。
そして突出した技術を要する日本には外敵の脅威は無くて、自衛隊の縮小論まで
出始めていました。
そこに友好国の辺境で国際協力の援助を行っている日本人や現地住民に非合法
な暴力
を振るう集団が現れるのです。
更に日本近くの公海に漂着した難民に遭遇します。彼らは奴隷に売られる所を、
反乱を起こして漂着したのでした。
そして保護に乗り出す海上保安庁の巡視船団ですが、未知の海軍の攻撃を受け
てしまいます。
彼らは共和国の軍人や民兵組織で、日本を屈服させる目的で戦闘を行って来たの
です。そして外交交渉に首相自ら訪れますが、だまし討ちに有って亡くなります。
憲法を重視して平和主義を抱えた日本ですが、最後通牒を受けて開園を決意して
いきます。
小説を読もう!小説情報リンク

『面白さポイント』

転移後も国際協調と交易を行って来た日本の歩みが興味深く感じます。しかし
日本打倒を目標に屈服させようとする敵に、捗らない政治情勢に苛立ちも感じて
いきます。
それでも平和的な交渉を優先する日本政府と神に選ばれてた優秀民族を自称して
多民族を野蛮と見なす共和国の元老院代理の優美な女性も描かれて、独自な
国家体制に興味と恐ろしさを感じさせます。


※「」内は本文からの引用です。
冒頭の絵や写真はイメージ画像です。作品とは関係ありません。
画像:Japan Ground Self-Defense Force. / MIKI Yoshihito (´・ω・)

One comment to this article

  1.  

    on 2015年9月10日 at 3:19 AM -

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    織田国が誕生した時点で切った。
    あらゆる意味で、どう好意的に見ても有り得なさ過ぎて、擁護のしようがない。
    それまでは非常に面白かったのに……。

  2. ブログ筆者

    on 2015年9月10日 at 9:57 PM -

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    コメント・感想に感謝です。
    色々なご意見大歓迎です。貴重なご意見を頂いて
    作品を読む時にお互いに参考に出来ればと思います。
    他にも「お市の天下」の気楽に楽しめる作品とか
    「王佐の才」のちょと固めのものや「変節」、
    「家記―繋ぐ物語―」と戦国時代を扱った完全
    創作物も有ります。
    文書量の有る戦国時代物は作品数が少ないので、
    探しています。お薦め作品等も有りましたらぜひ
    コメント下さい。
                      ブログ筆者

コメントを残す