秀吉の遺言

テーマ

豊臣秀吉が亡き後の天下の行く末を見通して後を託した者達による豊臣家の反撃
イメージ画像

小説情報

タイトル:
秀吉の遺言
作者:鳥越 暁
無料小説サイト:
小説を読もう!リンク
分類:
戦国時代物小説

お勧め内容

『概要』

痛快な展開に胸のすく思いがします。関ヶ原の戦いに勝利をおさめた
徳川家康ですが、彼の行動は豊臣秀吉に予測されていました。
秀吉の遺言を託された、直江兼続と真田昌幸と前田利長が大阪城に
集います。更に淀君や秀頼も溺愛する母と暗愚な子供と思われていた
仮面をかなぐり捨てます。彼らも秀吉の遺言に従っていたのでした。
秀吉の遺言は子供を溺愛する愚かな母と愚鈍な息子を装えというもの
でした。そして遺言を託された者達の集結により歴史が動き始めます。
小説を読もう!感想リンク
スポンサーリンク

『スト―リ流れ』

関ヶ原の戦いが終わり徳川家の天下が始まっていましたが、密かに大阪
城に集う者達が現れます。豊臣秀頼も彼らの登場により愚鈍な振りをかな
ぐり捨てていきます。
大阪城の強化と兵の増強を家康を欺いて進めていきます。徳川秀忠に
征夷大将軍が朝廷より授けられますが、秀頼にも関白位が与えられます。
そして信濃の地での反徳川の狼煙が挙げられます。そこには毛利家による
第三局も登場してきます。
戦線は膠着状態となり数年が過ぎる事となりますが、時間は秀頼の味方でも
ありました。聡明な若武者となって秀頼は豊臣の総大将として手腕を発揮させ
始めます。
そこには秀頼により織田家の再興を託された、信長の嫡男信忠の子の織田
秀則がいました。そこに雌雄を決すべく徳川家の大阪城攻撃が始まっていき
ます。
小説を読もう!小説情報リンク

『面白さポイント』

無理な展開にならずにケチな徳川家康による領地替えで、糧食の不足による
早期反撃できない事や大阪城の内通者のあぶりだしによる密かな兵力増強と
自然な流れで違和感が有りません。
更に聡明な君主となる豊臣秀頼と淀殿の変わりようが、進取の若君と吝嗇で
老齢の家康との対比が見られて、新たな時代の流れを感じさせます。
着実に進む豊臣の復権や織田家の再興が描かれたり、豊臣恩顧の大名達の
去就と興味深い展開も有り楽しめます。


※「」内は本文からの引用です。
冒頭の絵や写真はイメージ画像です。作品とは関係ありません。
画像:Jidai Matsuri / Hyougushi

コメントを残す