護衛艦奮闘記

テーマ

護衛艦の艦長を中心に海上自衛官の非日常な日常
イメージ画像

小説情報

タイトル:
護衛艦奮闘記
作者:SHIRANE
無料小説サイト:
小説を読もう!リンク
分類:
現代戦争物小説

お勧め内容

『概要』

ヘリコプターてエンジン止まってから無事に着陸できるんだと感心しました。
この様な護衛艦での日常が描かれていきます。
護衛艦では主として訓練の日々が続いていきます。ミサイル演習や防火
訓練に弾道弾の撃墜訓練と続いていきます。場合によっては災害訓練に
参加する事も有ります。
劇的では無いという感想を抱いてしまう程、訓練と実戦の日常が交錯し
ます。領海侵犯する不審船との戦闘もありますし、人命が掛かる海難事故
への対処もあります。
艦で発生する漏電事故等も起こってきます。深くは考えていなかった海上
自衛隊や護衛艦の日常が語られます。
全47話あって最終章が執筆予定となっていますが、しばらく更新が止まっ
ています。ですが各章でストーリーは独立していて、章完結までは更新され
ていますので中途半端にはなりません。
小説を読もう!感想リンク
スポンサーリンク

『スト―リ流れ』

護衛艦の艦長に主人公が任命される所から語られていきます。英雄でもなく
て飛び抜けた才能を見せるわけでは有りませんが、落ち着いていて標準以上
の指揮能力を感じさせます。
護衛艦の艦長として訓練の日々が語られていきます。しかし、日常に不審船
との銃撃戦や海難事故の救助
と生命に係わる事柄が発生してきます。
そんな護衛艦は内閣の決定により海賊対策の為に海外へ派遣される事に
なります。
小説を読もう!小説情報リンク

『面白さポイント』

普通ですが標準以上の指揮能力を感じさせる落ち着いた艦長の主人公に
共感めいたものを感じます。
そして漠然と訓練してるんだろーな程度の理解だった、護衛艦乗り組み員の
日常や大変さが理解できます。人命に係わる日常なのです。
専守防衛は分かりますが撃たれるまで反撃できないし、反撃も許可がいる
現場の人達の状況が分かります。


※「」内は本文からの引用です。
冒頭の絵や写真はイメージ画像です。作品とは関係ありません。
画像:護衛艦 / Kentaro Ohno

コメントを残す