英雄の中の英雄の物語

テーマ

異世界の優し気で穏やかな少年の英雄譚
英雄の中の英雄の物語

小説情報

タイトル:
英雄の中の英雄の物語
作者:勘八
小説を読もう!リンク

分類:
異世界ライフ小説

お勧め内容

『概要』

異世界の英雄譚となっていますが、主人公が優し気で穏やかな少年で彼の
人となりを現すエピソードが語られて物語の中に入りやすくなっています。

主人公を支える武将や役人達が集って行く国興しから語られるので、登場
人物達も把握しやすくて物語の世界に自然に導かれます。

主人公は英雄として剣術や魔法や軍略を、古の軍神や伝説の錬金術師や
剣聖の記憶を持ち訓練もして持っているチートです。

更に優し気で温和な性格ですが、普段は飲めない酒を口にすると英雄色を
好む
と状態となって近くの女性に襲い掛かり好青年の好感はどうしたと成り
ます。勿論、多分は好きな女性限定とは思いますが。

そんな主人公が英雄と言われる武将達が臣下に集って、自身の領地経営
から戦争による戦功を挙げて国を興して行く様子が描かれます。

小説を読もう!感想リンク

スポンサーリンク

『スト―リ流れ』

異世界の大陸中央に位置する強大な帝国には、大公を筆頭として公爵以下
の貴族が存在します。

そんあ大公家の一つに生まれた穏やかな公子の主人公は、大公領の人々
から慕われていました。

しかし高熱を出して少年らしからぬ言動をするようになって人々が一旦は
遠ざかりますが、変わらぬ優しさと穏やかさに功績も挙げ始めて再度慕わ
れる様になります。

高熱は少年の主人公に過去の偉人3人の記憶が蘇って、混乱から熱を出し
たのでした。

剣聖と呼ばれて魔王も単独で倒した達人の剣術に伝説の錬金術師で魔法
の達人の知識
に大帝国を打ち立て軍神と言われた始祖の軍略を手にして
いたのです。

記憶だけでなく訓練も積んだ主人公は、青年と言われる年齢を目前として
英雄の武将や智者が配下に集ってきます。

そこに帝国から老齢の皇帝の親征による東方征伐の出陣命令が下ります。
主人公は大公の領軍とは別の自身が鍛え上げた私兵を率いて参戦します。

主人公の軍略に私兵の強さによって第一の軍功を挙げた主人公は、辺境伯
に任じられて
征服国家群を領地とされて、人々が平等に暮らせる世界を目指
して内政に努めます。

征服国家群には英雄と呼ばれる武将や姫武将もいて、配下の武将が集まり
内政を担当する者達による領地改革が図られます。

小説を読もう!小説情報リンク

『面白さポイント』

読み易い英雄譚となっていて、主人公が優し気で穏やかな青年前の年齢で
親しみやすい日常の様子と英雄武将相手に示す無双振りが魅力です。

魔族も倒す武将や国の誇りとなっている姫騎士と英雄と言える武将達が集う
様子が同時進行で描かれて、異世界の英雄譚に有る武将達や背景が分か
らずに戸惑うと言う事が有りません。

更に母親に正座しながら説教されたり酔うと女性に対する理性が飛んだりと
英雄譚と共にハーレムとお笑い展開も有って楽しめます。


※「」内は本文からの引用です。
画像;Knights by Brad_T, on Flickr


コメントを残す