無料小説 おすすめ 新たなる星のもとで 日本全体の異世界転移がおもしろい

テーマ

日本全体が異世界転移しての平和外交が争いを呼び現れた旧日本軍と協力して戦争
イメージ画像

小説情報

タイトル:
新たなる星のもとで
作者:本山義弘  
無料小説サイト:
小説を読もう!リンク
分類:
異世界転移小説

お勧め内容

『概要』

日本全部が異世界に転移してしまった状況を描いていきます。異世界
には他世界の国も転移してきます。
友好国も有れば敵対する国も出てできます。日本は外交交渉による
平和共存を模索しまが、戦いに発展していきます。
そして異世界には旧日本軍の連合艦隊や陸軍部隊も現れてきます。
彼らを統合して新生日本軍は幾つもの戦いに挑んでいきます。
小説を読もう!感想リンク
スポンサーリンク

『スト―リ流れ』

突如異世界に転移した日本は、外交交渉により周辺国と友好関係を
築いて
いきます。
しかし低姿勢の外交交渉は逆に争いを呼ぶ事になってしまいます。
沖縄まで侵攻されますが撃退し反撃します。
和平の結果手に入れた本土より大きな島々の一つの「秋津島」に、昭和
の軍人達を集めた「統合防衛軍司令部」を置いて、山本五十六元連合
艦隊司令長官を長に据えて防衛態勢しいていきます。
秋津島」等には石油や食糧等の資源が有り、日本の生存に欠かせない
物となっていきます。
連合艦隊の艦艇も近代化改装をされてゆきます。陸軍も現代兵器を装備
した師団に再編されていくのでした。そんな日本に南の人種差別国家や
大陸の侵略国家の脅威が迫ってきます。
小説を読もう!小説情報リンク

『面白さポイント』

外交交渉による有効を目指しますが、敵対する国家も出てきます。武力
侵攻する敵に対して、平和憲法による初動の遅れから被害を招きますが
改正はできていません。
防衛予算の増額やや旧軍の改装を行い、階級呼称の改定も行いますが、
専守防衛は堅持されていきます。
そんな日本が武装侵略をしてくる敵に対して、連合艦隊の艦艇を加えた
海軍を主とした戦いを繰り広げていく様子に引きつけられます。


※「」内は本文からの引用です。
冒頭の絵や写真はイメージ画像です。作品とは関係ありません。
画像:080729-N-7883G-020 / Marion Doss

コメントを残す