魔法少女の狭き門

テーマ

魔法学園の女装生徒
イメージ画像
Leslie Dughi dressed as a witch for Halloween in Tallahassee, Florida / State Library and Archives of Florida

小説情報

タイトル:
魔法少女の狭き門
作者:朝間 夕太郎
小説を読もう!リンク
分類:
女装男子物小説

お勧め内容

『概要』

感動の物語や女装男子による色っぽい展開でもあり
ません。女子だけの魔法学園での日常が描かれて
いきます。
普通の世界に魔法でなりたっている国があります。
そして各国から魔法の才能のある女子生徒達
集まってくるのでした。
魔法学園を出ても一般の社会に戻る者もいますし
優秀な者は魔女となります。魔法の国では少女達
の憧れの的でもありました。

『スト―リ流れ』

女性だけが使えるはずの魔法を、男なのに使える
主人公がいます。外見は女の子に間違われる様な
容姿をしていました。
そして魔法を学べる学園を受験しますが、魔法学園は
女子校なのでした。そこで主人公は母親から乙女の
英才教育を施されてます。
学園に向かう途中で早くも二人の女の子と友達になって
いきます。魔法の国では早速ライバルの子が現れて
勝負をする事になっていきます。
更に不良3人娘とトラブルになったりしていきますが、
途中で印象が変わります。印象的な担任教師や一匹
狼的な女子生徒や人気のある生徒会長等が現れて
きて、主人公の学生生活が楽しく描かれるのです。

『面白さポイント』

始めは女装しての女子校入学に興味が引かれます。
しかし潜入に焦点を置くと戸惑うかも知れません。
女装や容姿が女の子に見える事などを読んで、期待
してしまい望んだ展開が始まらないのに戸惑いますが、
不良3人のリーダーの想いが分かってきた所くらいから
女子校での主人公の日常を楽しむ内容と理解して、
面白くなってきました。

※「」内は本文からの引用です。
冒頭の絵や写真はイメージ画像です。作品とは関係ありません。

コメントを残す