侯爵様と女中(メイド)

テーマ

男爵令嬢の失恋と恋
イメージ画像
Luxembourg Palace, Paris France / Mustang Joe

小説情報

タイトル:
侯爵様と女中(メイド)
作者:えんとつ そーじ
小説を読もう!リンク
分類:
青春恋愛物小説

お勧め内容

『概要』

自身に相手の愛情が向かなくても「相手の幸せのみ
を願う恋
」をしている主人公がいます。
主人公は見目麗しい侯爵の子息に、寝ぼけて抱きつ
かれた事を切っ掛けに想いを寄せる様になります。
しかし侯爵の子息は思い人のいる女性に恋をして
いるのでした。そんな彼を主人公は自身の想いを
抑えて上手くいく事を願います。
全30話で完結済みで、番外編が16話あります。
分量は少なめですが、素敵な作品なので掲載
します。

『スト―リ流れ』

幼馴染の侯爵子息との結婚が近ずいた男爵令嬢
に、当の子息から結婚の破棄が言われます。それも
彼女が不貞を働いたとの理由でした。
全く身に覚えの無い主人公は悲しみに包まれます。
更に両親まで信じてくれない事に心を痛めていました。
そして悲しみと怒りを捨て去る為に、元婚約者の
侯爵家とはライバルの侯爵家へ女中として働いて
ライバルを応援していこうとします。
そんな主人公は寝覚めの悪いライバル侯爵家の子息
に、寝ぼけて抱きしめられてしまいます。幸いに子息は
騎士道精神を身につけていて、潔癖な嗜好なので、
真摯に謝罪されます。
そんな切っ掛けでライバル侯爵家の子息に想いを寄せ
始めた主人公は、彼に長年の思い人がいる事を知り
自身の思いに苦しみます。
しかし仮面舞踏会で子息の思い人が分かる事になり
意外な展開がと続きます。

『面白さポイント』

幼馴染と結ばれるという甘い夢から悲しい結末を迎える
主人公に同情してしまいます。そして気持ちを切り替え
る為に、女中としてライバル侯爵家で働くという主人公に
興味が湧きます
最愛の人に信じてもらえない悲しみや新たな恋をしても
相手に思い人がいる無情さに心を痛めます。しかも
元婚約者の自分勝手な愛情が絡んできます。
そして素敵な結末へと、続いていってくれる嬉しさも感じ
られる良い作品に出会えます。

※「」内は本文からの引用です。
冒頭の絵や写真はイメージ画像です。作品とは関係ありません。

コメントを残す