スイーツな王様

テーマ

後宮の聡明な側室
イメージ画像
The Fairy Queen / David Blackwell.

小説情報

タイトル:
スイーツな王様
作者:月帆
小説を読もう!リンク
分類:
後宮恋愛譚小説

お勧め内容

『概要』

バレタ!側室に迎えられた王女は、病弱と偽って
夜会にも欠席して気ままにスイーツを作って過ご
していたのです。
侍女に扮してスイーツを作っている所を宰相に
目にされて、庭園から花をかすめ取っている所を
王に目撃されてしまいます。
髪の毛の色の違いからバレタ時の最初の言葉が、
「少し下がっていただけますか?私にも準備と
いうものがあります。」、「何の準備ですか。」、
猫かぶりのです。

『スト―リ流れ』

黄金の流れる髪に、大きなきらきらと光る緑色の瞳
の王女も側室に上がり2年間も相手にされません
でした。
そして少女から美しい女性に成長していました。しかし
相手にされない事を喜んで、時間を置いて暇乞いをして
故国へ帰るつもりでいます。
しかしスイーツ好きの王の為に、宰相が美味しい作り手
である侍女に目を留めたことから王の興味を引いて
いまいます。
いたずらっ子の様な笑みを見せる王により寵姫として
扱われ出していきます。

『面白さポイント』

スイーツをきっかけとした甘い恋愛かと思わせて、宮廷
での陰謀も語られていき楽しめます。
自由気儘で従姉の公爵令嬢の変りに側室となった
優しくて純粋なだけの王女と思わせて、王位継承に
絡んだ内紛を防ぐ為に側室の話を受けた聡明で
分別もある王女である事が分かってきます。
いたずらっ子の様な俺様の王と相手にされなかった
側室の恋愛の雰囲気を楽しみながら、後宮を中心
とした陰謀等に、たくましくて聡明に立ち向かう
側面も持つ側室の王女に目が離せません。

※「」内は本文からの引用です。
冒頭の絵や写真はイメージ画像です。作品とは関係ありません。

コメントを残す