戦国小町苦労譚

テーマ

女子高生が戦国時代へ転移して織田信長の元で農業や軍略を披露
戦国小町苦労譚
Kanazawa Castle park 金沢城 / INABA Tomoaki

小説情報

タイトル:
戦国小町苦労譚
作者:夾竹桃
小説を読もう!リンク
分類:
異世界転移小説

お勧め内容

『概要』

戦国時代へ迷い込んだ女の子が描かれていきます。女の子ですから
武将として活躍はしませんが、彼女は変わっていて農業や地理や歴史
を幅広く習得していました。
姉と異世界での銃による戦略を語ったり武田の甲陽軍鑑を習得して
いたりします。農業等の技術も持っています。
そんな女の子は織田信長に出会い米を育てたりカボチャやトマトを育て
たりと農業を行い村を作って生産拠点に育て上げます。
そこで温泉を開発して信長に喜ばれたり何気なく孫子の兵法を語って、
マキャリの政治論を話したりします。
また、ボーガンの兵器を開発したりと本人が意識せずに、信長に目を付け
られる事をします。それを本人は信長に睨まれない様に必死で行動して
いるという意識だったりしてそのすれ違いが面白いです。
小説を読もう!感想リンク

『スト―リ流れ』

平凡という女の子の主人公が、戦国時代に迷い込む所から始まります。
織田信長に拾われて、農業を行い村を作っていきます。
現代知識でチートしそうですが、相手は織田信長です。鋭利な頭脳で
彼女の資質を見抜いた上に、彼女の知識を柔軟に吸収していきます。
そんな信長に良いように使われますが、富国強兵を説いて新たな視点を
信長に与えてもいきます。
信長から任された村は発展しますが、彼は更なる生産拠点としての役割
を構想して指示してきます。
女の子が持つ孫子や君主論の軍略や政略を吸収する信長の先見性も
描かれていきます。そこへ主人公が農業以外にもボウガンや火薬の材料
を作ったり塩や砂糖などの物資まで作り始めます。
そんな女の子で知識や技術は有りますがお人好しで天然な面も有って、
ボケをかまして信長に叱責される様子も面白く描かれていきます。
小説を読もう!小説情報リンク

『面白さポイント』

主人公は生き残るのに必死といっていますが、緊張するのは信長の前だ
けです。普段はのんびりしているのに農業で成果を上げたり温泉を開発
したりの成果を見せます。
また、戦争や政治の知識を本人は気づかずに信長に提供していきます。
そのアンバランスが楽しいのです。
戦国時代に卓越した知識を持つ女の子と明晰な頭脳を持つ信長の出会い
による改革を描いていきます。そこに戦場で居眠りする主人公や信長の
正室の濃姫等の個性的な性格も描かれて笑わされる要素も有ります。


※「」内は本文からの引用です。
冒頭の絵や写真はイメージ画像です。作品とは関係ありません。
画像:

No comments to this article

  1. on 2015年6月17日 at 8:54 PM -

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    緊張しながらのコメントなのでおかしいところあったらすみません。
    ここのところ災難続きで凹んでばかりいました。
    でもyuki.kkさんのブログに巡り合えて読ませて頂いて気持ちが落ち着いて和みました
    自分で自分のことを少し追い詰め過ぎていたのかもしれません。
    そんなことにを気づくきっかけをくれたyuki.kkさんとほんの少しだけでも言葉を交わしあえたらなと思うんですがどうでしょう…?
    ほんの少しでも聞いて頂けたら自分の中で何かを変えられるんじゃないか…なんて思えたので。
    コメントで悩みを打ち明けるのは気恥ずかしいですし直接反せないでしょうか。
    迷惑でしたらコメント削除しちゃってください。
    急な申し出すみませんがお待ちしてます、

  2. ブログ筆者

    on 2015年6月18日 at 12:33 AM -

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こちらこそ、はじめまして
    コメント有り難うございます。
    面白く楽しい作品をご紹介をさせて頂いています。
    気晴らしの一助にでもご利用いただければ幸いです。
    感想や感じた事等ご自由にコメント欄をご利用下さい。
    できるだけ返信を心掛けます。お悩みの件は、もっと
    適切な方にご相談される事をお勧めします。
    素敵な作品を読んで、ちょっと心を休めるのに、
    ご利用いただければ嬉しいです。
    コメントが残る事がご不快でしたら追加で削除コメント
    下さい。早めに2つ共に削除致します。

コメントを残す