ロリータ・ガンバレット

テーマ

異世界の魔導銃
イメージ画像
Elf Fantasy Fair 2010 / Sander van der Wel

小説情報

タイトル:
ロリータ・ガンバレット ~魔弾幼女の異世界戦記~
作者:八尺猫ずおん
小説を読もう!リンク
分類:
女性主人公小説

お勧め内容

『概要』

人間以外を亜人とする狂信国の侵略が始まって
しまいます。国境の砦が襲われている所を「魔弾」
といわれる幼女が救います。
異世界の知識を持つ幼女が、魔導銃を手に戦乱の
世で暴れ回る」事を始めます。
全41話で更新中の作品です。最初に未来のエピソード
が語られます。不吉な冒頭は、イメージなのか未来に
起こる事かが気になります。

『スト―リ流れ』

一部では迫害の対象となる耳の長い「エルフィン族」の
双子の赤子が、親に捨てられ修道院の前に置かれ
ました。
双子は修道院の同じく「エルフィン族」のシスターに
拾われます。そしてシスターとともに穏やかな村で、
少女時代を過ごしていました。
双子の姉の主人公には異世界の知識はありましたが、
記憶は無いのでした。しかし赤子から明確な意識を
持ち記憶が有りました。
そんな平和な村に、狂信的な国の軍隊が突然現れて
襲われてしまいます。自身を人質にして村人を逃が
した主人公は敵国に連行されます。、
連行された先で主人公は「魔導銃」を手に入れて、
復習と皆を守る戦いを始めます。主人公には
無限といえる魔力が有りました。
無限といえる魔力により、「魔導銃」の主人となり
究極の兵器を手に入れます。そして途中で襲われ
ている自国の砦の救援に向かいます。

『面白さポイント』

平和な村での仲の良い双子とシスターとのほのぼのと
した暮らしをしていましたが、幼女の身で復習と戦いを
決意した時から主人公は口調から大きく違ってきて、
面白い性格になっていきます。
異世界の知識を持っている謎や「魔導銃」の性能が
気になります。そして理不尽な敵との戦いに応援し
たくなっていきます。
更に双子の妹までが異世界の知識を発揮してきてと
展開が楽しみになります。

※「」内は本文からの引用です。
冒頭の絵や写真はイメージ画像です。作品とは関係ありません。

コメントを残す