鵜殿さんちの氏長君~目指せ譜代大名~

テーマ

戦国時代の転生観察者
イメージ画像
甲冑競馬を終えた武者たち. / hayano

小説情報

タイトル:
鵜殿さんちの氏長君~目指せ譜代大名~
作者:ベニヤ板
小説を読もう!リンク
分類:
戦国転移転生小説

お勧め内容

『概要』

将軍を助けて天下に号令するために、将軍家に連なる今川家当主
大軍を発して尾張に侵攻を開始しました。
織田信長によりって今川本隊は壊滅してしまいますが、当主の今川
義元は生き残って新たな歴史が進み始めます。
全42話有ります。更新は頻繁ではないので最新の更新は昨年12月
となっています。

『スト―リ流れ』

今川家の重臣にして、三河上ノ郷城主」の鵜殿氏の息子として転生した
主人公がいます。
特殊な力はないので徳川家について将来の安泰を図る事は考えていました。
また、今川家等の歴史ををまとめる事を希望しています。
平和な駿府の街で暮らしていましたが大軍を発した今川義元が、桶狭間の
戦いで敗れてしまいます。そして義元が生き残った新たな歴史が進み始め
ます。
義元が生き残り徳川家康(今は松平元康)は、今川家の縁者で三河を任され
ます。また、義元の勧めで徳川に改姓していきます。

『面白さポイント』

新しい歴史の展開に興味がわきます。また、主人公は転生者なので、身分
こだわらずに幼少の頃から徳川家の重臣となる者達とも仲良くなっています。
新たな歴史で主人公は生き残っていけるのでしょうか。そして今川義元が生き
残った事で歴史はどの様に変わるのか楽しみになります。

※「」内は本文からの引用です。
冒頭の絵や写真はイメージ画像です。作品とは関係ありません。

コメントを残す