家記―繋ぐ物語―

テーマ

戦国時代の若武者
イメージ画像
鎧武者 / misooden

小説情報

タイトル:
家記―繋ぐ物語―
作者:春賀てる
小説を読もう!リンク
分類:
戦国時代物小説

お勧め内容

『概要』

戦国時代の弱小大名「宮本家」の物語です。登場する
戦国武将は架空のものとなります。
登場人物こそ架空のものとして書かれていますが、
内容は宗家を牛耳ろうとする分家の叔父と主人公
宗家の三男とを軸に戦国武将の行き様が語られて
いきます。

『スト―リ流れ』

元服したばかりの若武者に両親から呼び出しがあり
ました。そこで父親の引退と分家の叔父に牛耳られよう
としいる宗家の状態が分かります。
父の引退は病気とこの現状への最後の抵抗となるもの
でした。強い決意の元に臣下を集めて引退が告げられます。
そこでは父親の最後の意地が見せられます。
波乱を含みながら引退が行われた後に、いよいよ叔父が
動きだします。それは母の実家を滅ぼされた怨みを持つ
敵との戦闘というものでした。
叔父との争いが始まる中で提案された戦いの意図とはと
波乱の展開が語られていきます。

『面白さポイント』

元服したばかりの若者の厳しい現状の把握から始まり、
主人公の憤りに共感していきます。
力の無い宗家の三男という弱い立場の主人公が、
どの様に家を盛りたてて行くのかが気に成ります。
若者らしい素直な感情に引きつけられます。

※「」内は本文からの引用です。
冒頭の絵や写真はイメージ画像です。作品とは関係ありません。

コメントを残す