豊右府末裔顛末記

テーマ

戦国時代の軍師
イメージ画像
戦国武将 / atk1983

小説情報

タイトル:
豊右府末裔顛末記
作者:蓬莱伊織
小説を読もう!リンク
分類:
戦国時代物小説

お勧め内容

『概要』

竹中半兵衛の弟子といえる武将がいました。豊臣
秀吉に仕えて、後に徳川家康に使える事になり
ます。
秀吉からは冷遇されていましたが豊右府末裔を
匿いつづける事になります。
大名家の起こりが戦国時代から語られます。豊右府
末裔を匿うという内容よりは戦国武将の話しといえ
ます。

『スト―リ流れ』

鎌倉幕府の北条家に連なる一族ですが、子供の1人が
一族として生き残った主人公がいました。
豊臣秀吉に仕えて竹中半兵衛の元で学んでいきますが、
秀吉に名を与えられる事を北条家に連なる一族として
断った事で、秀吉からは冷遇される事になります。
秀吉の嫡子でしたが織田信長の四男だった主人の家老
に任命されたり毛利家と九州を分ける国の大名に任じら
れる等の難しい立場を過ごしていました。
更に縁あって徳川家康と織田信長の孫に当たる姫
結婚をします。

『面白さポイント』

当初は豊右府末裔を長年に渡り匿った事に興味を持ち
ましたが、主人公の難しい立場に引き込まれます。
秀吉に仕えながら家康の孫と結婚しているという難しさ
があります。そこを竹中半兵衛の弟子ともいえる知恵で
難しい戦国時代を渡るさまに興味を持ちます。

※「」内は本文からの引用です。
冒頭の絵や写真はイメージ画像です。作品とは関係ありません。

コメントを残す