王佐の才

テーマ

戦国時代の軍師
イメージ画像
+ / Nisa Yeh

小説情報

タイトル:
王佐の才
作者:堀井 俊貴
小説を読もう!リンク
分類:
戦国時代物小説

お勧め内容

『概要』

名軍師竹中半兵衛の活躍を豊臣秀吉の弟の秀長
視点で描いています。秀長に改名前の木下小一郎の
時代から語られます。
織田信長による攻略前の美濃を支配していた斎藤家
稲葉山城を、主君をいさめる為に謀略で乗っ取ると
いう手腕を竹中半兵衛は見せてきます。
主家の斎藤家は滅びて行きますが、秀吉の下での竹中
半兵衛の活躍
が語られます。、

『スト―リ流れ』

木下小一郎が兄の秀吉を訪ねると、織田家が攻略中
の美濃の斎藤家の居城である稲葉山城を、謀略で落
とした竹中半兵衛の話がされていました。
謀略により少ない人数で城を攻略してしまったのです。
更に信長からの勧誘を主家を諌めるためにしたのだと
言って稲葉山城の開城と士官を断ります。
これらが信長の裏切り者を許さない性質や美濃の行く
末を見通した行動だと分かって感心させられます。
後に師匠として竹中半兵衛を迎えると、兄の秀吉に
言われる事になります。そこから小一郎視点での
半兵衛の活躍が語られていきます。

『面白さポイント』

名軍師竹中半兵衛の策を秀吉等の言葉を通して
説明されるので、聞いていて好奇心が満たされます。
名軍師竹中半兵衛という織田信長や秀吉をメイン
として描かれる作品ではなく、半兵衛の活躍が描か
れるのも興味深いです。

※「」内は本文からの引用です。
冒頭の絵や写真はイメージ画像です。作品とは関係ありません。

コメントを残す