平手久秀の戦国日記

テーマ

戦国時代の強者
イメージ画像
名古屋城 / *0* PrincessCCCC

小説情報

タイトル:
平手久秀の戦国日記
作者:スコッティ
小説を読もう!リンク
分類:
戦国転移転生小説

お勧め内容

『概要』

戦国の世に「武の一文字」を掲げる最強の武将が
登場しました。織田信長の元で「平手久秀」と名乗
っています。
織田信長に仕えて文官と思われていた男が、信長
天下布武を使い始めたと同時に使い出した旗印
が「武の一文字」です。
桶狭間前の情報戦や戦いでの武功第一を初めに、
織田家の武を代表する存在となります。更に天下布武
の戦いが続きます。

『スト―リ流れ』

怪力と頑丈さを誇る農民の子供がいました。村から
は子供の異常を理由に一家が疎外されています。
しかし両親からは愛情を受けて育ちますすが、流行病
で両親を亡くしていたのです。
農民の子供は熊に襲われている織田信長と平手政秀
を豪快に助けます。これを切っ掛けに信長と友達に
なるのです。
農民の子供は転生の記憶が有るので、先進性過ぎて
理解者がいなかった信長の心を許せる友達となります。
友達を得た信長は幾分かは穏やかな性格となって新た
な歴史が進み始めるのです。

『面白さポイント』

転生の記憶がある主人公ですが、単純単細胞のようで、
その知識を使う事はありません。しかし未来知識は有る
ので戦いの転換点を捉えるのです。
普段は恐れられるので力を行使しないのですが、転換点
で力を振るいます。それも天下布武の武を治めるという
理想の元に、信長と共に戦って行くのです。
友達を得て心を許している信長の様子に温かいものを
感じます。信長に理解者がいたらという物語が興味深
いです。

※「」内は本文からの引用です。
冒頭の絵や写真はイメージ画像です。作品とは関係ありません。

コメントを残す